「セイコーマート」の店名の由来は?~道産子が誇るコンビニ「セイコーマート」(3)

※提供写真
 
 
道産子が誇るコンビニ「セイコーマート」シリーズ最終回。突然ですが、ここで問題です。「セイコーマート」という店名の由来は、次のうちどれでしょうか?①創設者の奥さんが聖子さんだった ②創設者の実家が製鋼所だった ③成功する店という意味、さて正解は?
 
 

セイコーマートの店名とロゴの由来

正解は③成功する店。成功するmart、せいこうまーと、セイコーマート、となったわけです。そして、店の看板になっている鳥は、不死鳥フェニックス。400~500年生き続けて、自ら焼け死んでもその灰からまた生まれ変わるという、あの不死鳥です。
 
 
 
 
私たち道産子にはなくてはならない存在になっているセコマですが、名前やマークの由来を知ると、増して親しみがわいてきますね。そして…このことを誰かに、教えたい!
 
 

セコマ1号店は、札幌市北区にあります

セイコーマートが誕生したのは1971(昭和46)年。翌年に冬季札幌オリンピック開催を控えた年でした。第1号店は、札幌市北区のセイコーマートはぎなか店(札幌市北区北30条西8丁目)。43年目を迎えた今年も、まだまだ健在です。
 
 
※提供写真
 
 
ところで、全道各地に展開しているセコマですが、北海道の端っこにあるセコマはどこだろう?と、ちょっと気になりませんか?そこで、セイコーマートマーケティング企画部の佐々木さんに教えてもらいました。
 
北海道のてっぺん、稚内市には、実は全国チェーンの有名なコンビニがありません。稚内でコンビニといえばセイコーマートのみで市内に18店あります。その中でも一番北にあるのが、セイコーマートとみいそ店(稚内市宗谷村字富磯)。宗谷岬まで行くと「日本最北端到着証明書」が宗谷岬周辺のお土産店で限定販売されていますが、まさかセコマの最北端証明書はないので、個人的に「最北セコマ記念」として店の前で写真を撮るのも楽しい思い出になるかもしれませんよ。
 
北海道Likersが紹介した宗谷岬はこちら↓
夏の稚内へ、GO!~その4
 
ちなみに、稚内市からフェリーで行ける利尻島にもセイコーマート利尻店(利尻郡利尻富士町鴛泊栄町)があります。
道東の端っこ根室市には4店ありますが、セイコーマートうちやま歯舞店(根室市歯舞3丁目4-1)が、北海道で最東端のセコマです。
菱形の北海道地図の下、「何もない春です~」と歌われた襟裳岬があるえりも町には2店あります。一番えりも岬に近いのが、セイコーマートえりも店(幌泉郡えりも町字新浜61-20)。ちなみに、セイコーマートえりも店から襟裳岬までは、車で約20分程。
 
 
 
 
 
 
北海道最南端のセコマは松前町に2店あるうちの、セイコーマートくどう店(松前郡松前町字松城1番地)。
稚内市、根室市、えりも町、松前町、どの町も北海道らしい観光スポットがあります。旅行などで訪れることがあったら、「セコマ端っこ記念」の撮影、どうですか?
 
 

こんなところにもセコマが!しかもホットシェフがある!

セコマがあるのは、街中だけではありません。高速道路のパーキングエリアにもセコマがあるんですよ!札幌から旭川方面に向かう道央自動車道の野幌パーキングエリアに、セイコーマート野幌PA(上り)店とセイコーマート野幌PA(下り)店があります。
 
 
 
 
 
 
そして、札幌から函館方面に向かう道央自動車道の樽前サービスエリアに、セイコーマート樽前SA(上り)店とセイコーマート樽前SA(下り)店があります。
 
セコマシリーズ第1回目でも紹介した通り、24時間営業じゃないところがあるセコマですが、野幌PAは上り・下りとも24時間営業。しかも、店内でお弁当や丼などを調理するホットシェフや店内で焼くクロワッサンもあるんですよ!
 
 
※提供写真
 
 
※提供写真
 
 
ドライブ途中の休憩に、こんなに心強いものはありません。セコマでリフレッシュして、安全運転で道内ドライブを楽しみましょう!
 
 

ドラム缶のような、あの入れ物は、一体?

セコマ店内に入ると、かなりの頻度で目にするドラム缶のような円柱形の什器。セコマおすすめの冷たい飲み物が入っていたり、パンだったり、バナナだったり。たいていレジ横、レジ前の目立つところにあり、「特価」とか「おすすめ!」というポップがあるのでとても目立ちます。
 
 
※提供写真
 
 
この円柱形の什器はセコマオリジナルで、名称を「マーチⅠ(ワン)」と言います。セイコーマートの佐々木さんによると、マーチⅠは旬のおすすめ商品を置くことが多いとか。なので、セコマに行ってマーチⅠを見つけたら、まずはチェックしてみてください。「セコマのマーチⅠが狙い目なんだよね~」とサラリと言えるようになったら、かなりのセコマ通です。
 
コンビニだけど24時間営業じゃない店があったり、お弁当屋さんみたいに手づくりの温かい弁当を出してくれたり、パン屋さんみたいにクロワッサンを焼いたり、アイスや珍味などのオリジナル商品が多彩に揃っていたり、北海道で暮らす私たちにはセコマはまるで、生活の一部のような存在です。道外の皆さん、北海道来たら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!
 
 

セイコーマート

http://www.seicomart.co.jp/