昔ながらの素朴な味「うさぎやのシナモンドーナツ」

夕張の町にシナモンドーナツが人気の和菓子屋『うさぎや』があります。 

 

 
揚げてるうえにあんこ、、、なんか甘そうでもったり重たそう、、、なんて勝手な想像しつつひとくち。 

 


 
あれ?生地もぎっしり詰まったあんこも口のなかでスッと溶けていつのまにかペロリ。
油っぽさを感じず、あんこも甘すぎず軽い口当たり。
たっぷりかかったシナモンのさわやかな香りが食欲をそそり、ついつい2個、3個、、、。美味しい!
 
 

 
うさぎやは今の店主で3代目、約80年続いており
朝三時頃には起床し、家族全員で作っているそうです。
 
シナモンドーナツは現在一個85円。
40年前まで普通の砂糖をまぶしてたのをグラニュー糖に変え、防腐剤にもなるシナモンをまぶしたのが始まり。
 
生地はシンプルに小麦、卵、決めてはバター。
バターが入っていると熱伝導がよく、中まで焦げないそう。
 
餡は十勝産で「徳赤」というものを使用。
「海外のものは土が違うので匂いがする。道産でないとダメ」と二代目佐々木鉄男さんは教えてくれました。

 

 
これから紅葉も始まる季節。
ドライブがてらおひとついかがですか?