道南バス「キラりん号」で行く「室蘭夜景見学バス」

 
 

日本五大工場夜景に選ばれている夜景の街、室蘭。夜景を堪能するナイトクルーズやツアーなどが登場し、人気となっている中、昨年から、夜景見学バスが週末限定で運行されています。さぁ、「室蘭夜景見学バス」で、室蘭の新しい魅力を探しに行きませんか?

 

室蘭市は北海道でも有数の工業都市。工場夜景は、港の景色と融合し、ものづくりのまち室蘭ならではの夜景として、全国でも人気のスポットとなっています。

 

室蘭観光推進連絡会議では、バスで夜景スポットを見学したいという声にこたえ、道南バスと連携して「キラりん号」で行く「室蘭夜景見学バス」を、昨年から、期間限定・週末限定で運行しています。

 

このバスには「むろらん観光ツアーガイド」が同乗し、室蘭夜景をナビゲートしてくれるので、ただ訪れるのとは違う視点で楽しむことができそう。それでは見どころを紹介します。

 
 

 
 

バスはJR東室蘭駅東口を出発し、室蘭観光協会を経て、一つ目のビューポイント、道の駅「みたら室蘭」に到着。白鳥大橋記念館として造られた「みたら室蘭」の2 階展望デッキからはライトアップされた白鳥大橋が見られます。

 

続いて、「祝津公園展望台」。昨年2013年に「日本夜景遺産(自然夜景遺産)」に選ばれた人気のビュースポットです。室蘭岳を背景に、イルミネーションとライトアップで彩られた白鳥大橋とJX日鉱日石エネルギー株式会社室蘭製造所の灯りのコラボレーションを楽しむことができます。

 
 

 
 

車窓から白鳥大橋を見学しながら、バスは「陣屋除雪ステーション」へと向かいます。

「陣屋除雪ステーション」はこのバスならではの見学ポイント。通常は立ち入ることが出来ないので、特別な夜景が楽しめます。

まるで夜の闇に宝石を散りばめたように美しい光を放つJX日鉱日石エネルギー室蘭製造所のプラントを照らす灯り。

 
 

 
 

 
 

所要時間は2時間30分。いくつものビューポイントを効率的に巡ることができますが、定期観光バスとして運行しているので、大人1000円というリーズナブルな料金で楽しめるのも嬉しいですね。

 

工場・町・山・海がそろう日本五大工場夜景の一つ、室蘭夜景。

人々の心をつかんで離さないその夜景をバスで見学しに出かけてみませんか?

 
 

室蘭夜景見学バス

運行期間/2014年6月1日(日)~10月26日(日)の毎週土曜・日曜日・祝日

料金/大人1,000円 小人(小学生以上) 500円 ※幼児無料

集合場所/JR東室蘭駅東口・室蘭観光協会

運行時刻/8月は17:45、9月は17:30、10月は16:45

ご予約・お問い合わせ/一般社団法人 室蘭観光協会 TEL:0143-23-0102

           道南バス株式会社 室蘭貸切センター TEL:0143-81-2100

完全予約制(当日15時まで受け付け。ただし、定員になり次第終了)

※悪天候の際、運行中止となる場合がありますので予めご了承ください。

 
 

関連記事

人気が高まる室蘭夜景。ナイトクルーズも運航中!
北海道最古の木造建築駅舎~旧室蘭駅舎~
室蘭の夜景~白鳥大橋~
室蘭の駅弁「母恋めし」誕生秘話♪
「室蘭・大黒島の夕景」
鉄の町、室蘭から。「室蘭工業大学オリジナルジンギスカン鍋」