迫力がすごい!北海道・帯広で、世界で唯一の「ばんえい競馬」を観よう!

 
 
十勝・帯広で開催されている、ばんえい競馬を生観戦してきました!鉄そりを引く巨大な馬たちが、砂煙を上げて力走する光景はダイナミックそのもの。ばんえい競馬を知らない初心者でも楽しめますよ!
 
 
やって来たのは帯広競馬場。ばんえい競馬は、かつて北海道各地で行われていましたが、現在は「ばんえい十勝」として帯広市でのみ開催されています。
 
競馬場の敷地内に入ると、十勝の食が集まった「とかちむら」があります。遊びに来ている雰囲気の家族連れの姿もたくさん見られましたよ。
 
 
 
 
とかちむらから奥に進むと、スタンドの入口がありました。
場内には、ばんえい競馬の楽しみ方や馬券の購入方法が載ったガイドブックが用意されています。説明を聞けるビギナーコーナーもあるので、競馬は人生初!という人でも大丈夫!
 
 
 
 
レース発走前に、スタンド前の一角で騎手が乗馬してパドックを回っていました。馬が、で、でっかい!! 大きなばん馬(ばんえい馬)は、もともと北海道開拓時代の農耕馬として活躍していた馬で、体重はサラブレッドの約2倍、1トン前後あるそうです。
 
北海道Likersが紹介したは記事こちら↓
「北海道の馬文化」北海道各地:北海道遺産シリーズ4
 
 
 
ばんえい競馬は、騎手が乗馬して速さを競う競馬とは別もの。ばん馬が荷物(重量物)を積んだ鉄そりを引き、それに騎手が乗ります。荷物の重さはクラス別で異なり、400キロ台から最大1トンにもなるのだとか!
コースは2つの障害(坂)がある、全長200メートルの直線コース。スピードはもちろん、馬のパワー、持久力、そして騎手のテクニックで勝負します。
 
いよいよレースを観るときが!
 
 
 
 
 
 
勢いよくスタートして1つめの坂を越え、2つめの坂の手前まで来ると…なんとびっくり!レース中に馬が一旦立ち止まるのです。これは、1つめよりも大きな坂に備えて騎手が馬を停止させ、呼吸を整えたり、ペース配分をしたり、他の馬の様子をうかがったりしているようです。
 
 
 
 
なかには登って坂の上で再び止まる馬、乗り越えた勢いでゴールへと思いきや、途中でぴたっと動かなくなる馬も。ゴールインが馬の鼻先ではなく、そりの後端で決まるため、最後まで目が離せません。馬たちは重いそりを引っぱりながらゆっくり進みます。なので、馬がゴールするまで観客がコース横を歩いたり駆け足したり、馬と並走しながら応援できるのも大きな魅力です。
 
 
 
 
レースではもちろん馬券を買った馬を応援するわけですが、実際に間近で観るばんえい競馬そのものの迫力、太い脚で一歩一歩力強くゴールに向かうばん馬たちの姿にすっかり魅了されてしまいました。
 
 
 
 
レースは一年を通して毎週土・日・月曜に開催されています。レースの裏側を案内してくれるバックヤードツアー(有料)や、ふれあい動物園もあります。
北海道の十勝・帯広でしか観られない、世界で唯一のばんえい競馬。ぜひ一度訪れて、迫力を体験してみてください!