Collet&白いブラックサンダー~新千歳空港で買える!北海道Likersオススメお土産(7)

 
 
夏休みで北海道に帰ってきた皆さん、お帰りなさい!遊びに来た皆さん、イランカラプテ~!北海道に着いて早々なんですが、お土産どうしましょ?北海道Likersおススメお土産シリーズ、今回は、女性の多い職場や女子会におススメのアレと、部活仲間や趣味のサークル仲間に間違いなくウケるソレ、紹介しますね!

 

北海道のとうきびが、上品なショコラになりました!「Collet」

女性が多い職場にお土産を持っていくのって、ちょっと緊張しませんか?「センスが悪い」とか「また、同じもの」とか、目も舌も肥えた女性たちは、なかなか厳しい。しかも、それが北海道のお土産となれば、「おいしくて当たり前」なのでさらにハードルは上がります。
そんな時、見た目のオシャレ感たっぷり、北海道らしさ満載、食べたらもちろん「おいしい!」の三拍子そろったお土産がYOSHIMIの「Collet(コレット)とうきびショコラサンド」です。
 
 
 
 
Colletは、北海道産のとうきび(とうもろこし)をたっぷり使ったチョコレート。「え?とうきびがチョコになるの?」と思ったあなた、新千歳空港でColletの試食があったら、まーず食べてごらんなさいな。試食サイズでも、びっくりするくらいとうきびだから!
 
 
 
 
北海道産とうきびのピューレを贅沢に使っているので、とうきびの甘味と香りがダイレクトに伝わります。そのチョコが、ギュギュっと詰まった十勝産の乾燥粒コーンにからみ、粒の食感も楽しめます。サンドする焼き菓子は、北海道産小麦とライ麦を使ってサックリ焼き上げています。
 
 
 
 
これで、「北海道らしさ」と「おいしい」は完全クリアです。最後の、「オシャレ感」は、パッケージデザイン。イエロー、グリーン、ブラウンのトリコロールカラーは、お土産菓子というより、センスの良いステーショナリーや雑貨みたい。
 
 
 
 
YOSHIMIの宮路さんによると「6個、10個入の紙パッケージ(3色トリコロールカラー)をビリビリと破くと、裏面は薄い緑色。中の箱は黄色。これは『とうきび』そのそのものを表しています。畑のとうきびは淡い緑色の薄皮に包まれており、それをデザインに取り入れています」とのこと。
 
さらに、とうきびショコラのおいしさを、よりシンプルに楽しめる「とうきびショコラタブレット」もあります。こちらは、焼菓子にサンドしているのではなく、チョコだけ。
 
 
 
 
「Colletとうきびショコラサンド」も「とうきびショコラタブレット」も、1個ずつ小袋に入っているので職場でも配りやすいです。これは私の感想ですが、タブレットはちょっと冷やしてから食べると、より一層とうきびの風味が強く感じられるような気がしました。
いやー、なまらとうきびだわ、これ。

 

あのブラックサンダーが、北海道では白くなるんです!

部活やサークルなど、気の置けない仲間たちへのお土産は、お手頃だけど数量があって、できれば「ウケる」こともポイント。そんな時に、間違いないのがこれ!
 
 
※提供写真
 
 
全国的に大人気のお菓子「ブラックサンダー」をご存知ですか?そのブラックサンダーが、北海道では「白いブラックサンダー」になるんです。つくっているのは、有楽製菓(株)の札幌工場。北海道産の牛乳とてんさい糖を使い、ホワイトチョコでコーティングしています。「ホワイトサンダー」ではなく、あくまでもブラックサンダーが白くなったので「白いブラックサンダー」。
ブラックサンダーの袋には「おいしさイナズマ級!」というキャッチコピーがありますが、「白いブラックサンダー」は「おいしさ直滑降!」。北海道へのこだわりが見えます。
 
 
※提供写真
 
 

「白いブラックサンダー」は北海道限定販売  

「白いブラックサンダー」は北海道限定販売。誰もが知っているブラックサンダーですが、その北海道限定版となれば、お土産で渡すと「なに、これー!」と盛り上がること間違いなし。さらに、「もっともっとたくさんの人に、北海道のお土産を配りたい!」という人には、「白いブラックサンダーミニ」がおススメ。
 
 
 
 
これは、「白いブラックサンダー」が小振りなミニサイズになったもの。価格もお手頃なので、数を配りたい時に私はよく使います。
 
 
 
 
内勤の女性スタッフさんには「Collet」、外回りの元気な営業さんたちには「白いブラックサダー」と、ダブルで持っていくのも「あり」ですよ!どちらも、新千歳空港のお土産店の目立つところにあるので、すぐに見つかるはずです。
 
 

関連リンク

YOSHIMI
有楽製菓株式会社