車いすでも大自然を楽しめる知床散策~知床五湖散策(2)

 
 
知床を代表する観光地、知床五湖。高架木道なら車いすも入れるので、身体の不自由な方でも大自然を満喫しやすいスポットです。原生林に佇む湖と雄大な知床連山は必見です。
 
知床五湖では観光客の混雑による植生の破壊から守るため、またヒグマとの遭遇のリスクを減らすため、散策のルールが2パターン定められています。
誰でも安全に雄大な自然を楽しめる「高架木道(所要約40分)」での散策、5つの湖畔沿いを歩き静かに奥深い自然に触れられる「地上遊歩道(所要約3時間)」での散策、いずれかです。
今回は、「高架木道」について紹介します。
 
北海道Likersで紹介した「地上遊歩道」での散策に関する記事はコチラ↓
自然の奥深さに触れるガイドツアー~知床五湖散策(1)
 
「高架木道」は全長約800メートル。5つある湖のうち一湖の近くまで行くことができます。
一番の特徴は、入口から終点まで段差がなく、なだらかな坂しかない木道ということ。ベビーカーや車いすでも終点まで入っていけます(車いすは知床五湖フィールドハウスでレンタルも可能)。
 
 
 
 
 
 
「高架木道」には終点を含め3か所の展望台があります。展望台からは背後にそびえる知床連山や原生林に囲まれた一湖を見渡せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
ゆっくり歩きつつ、途中で休憩するのにちょうどよいポイントです。椅子もあるので、お年寄りの方を連れて散策する時にも便利です。
 
「高架木道」は名前のとおり最初から最後まで木道が高い場所に設置されています。地上や湖畔に降りる場所はありません。
多くの人が訪れることによる自然破壊を防ぐ目的とともに、ヒグマとの遭遇を避け安全に見学できるようにするためです。木道の脇には7,000Vの電気柵が張り巡らされているため、万が一ヒグマが木道の下に現れても登ってくることはできません。
 
地上に降りることはできなくても、木道は高さがあるうえ周囲に高い木がないため眺めはよく、十分に大自然を感じることができます。

 
 
 
 
 
 
 
湖に映る知床連山や遙かに広がるオホーツク海など、知床五湖の魅力を気軽に体験することができる「高架木道」。知床五湖か開園している期間は、いつでも誰でも無料で利用できます。
身体が不自由な方でも訪れやすい知床五湖の「高架木道」。ゆったり安全に、大自然に触れてみませんか?