香味豊かなコーヒーを羊蹄山の眺めとともに。「高野珈琲店」

 
 
羊蹄山の麓には、ふと足を止めてみたくなるお店が点在しています。ニセコ町の街はずれ、のどかな風景の中にぽつんと立つ自家焙煎コーヒーのお店を見つけました。
 
高野珈琲店があるのはニセコ町の有島地区。店舗は白い壁に茶色の三角屋根の建物、入口に小さな看板が立っています。車から降りると、ほのかにコーヒーの香りがしました。
 
 
 
 
お店を営むのは高野大一郎さんと弘美さん夫妻です。お2人は札幌からの移住組。ニセコの自然や目の前に羊蹄山を望むロケーションに惚れ込み、自分たちの手で店舗兼家を建てて、2008年にお店をオープンしたそうです。
 
 
 
 
こちらの豆はすべて、品質、風味に優れたスペシャルティコーヒー。その中でも特に個性の豊かな豆を厳選して仕入れているそうです。各種ストレート豆のほか、それぞれ森・花・風と名前のついたブレンド、季節のブレンドなどがあります。店頭で購入でき、併設のカフェでもコーヒーを楽しめます。
 
 
 
 
ウッディな店内は、心落ち着く空間。カフェスペースの窓からは羊蹄山が見えました。
 
 
 
 
 
 
コーヒーは湧水で淹れてくれます。メニュー表にそれぞれ特徴が書かれていますが、好みを伝えておすすめを教えてもらうのもいいですよ。
「せっかくなのでインパクトのあるものを」といただいたのが、「エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル(浅中煎り)」。柔らかい酸味に加え甘み・コクがあり、香りもとても強く独特な風味の1杯でした。
 
 
 
 
 
 
自然を感じながら、ゆっくりとスペシャルティコーヒーをいただくのはちょっと贅沢な気分です。ニセコをめぐって、おいしいコーヒーでひと息つきたい、そんなときはこちらを訪ねてみてくださいね。