浦河の8つの風景を巡るスタンプラリー「うらたび2014」に参加しよう!

※提供写真
 
 
北海道浦河(うらかわ)町で、地元の人にも未だあまり知られていない、とっておきのスポットを巡るスタンプラリーが開催されます。その名も「うらたび2014」。「浦河には、こんな素敵な風景があったのか!」と感動するスポットを巡りながら、改めて浦河の良さに気付いてほしいという思いから、浦河が大好きな有志が集まり、去年からスタートしたイベントです。
 
 

うらたび2014の参加方法

まずは、「うらたび2014」のガイドマップを入手しましょう。ガイドマップは、優駿ビレッジアエル、浦河町内のセイコーマートの他、新ひだか町の道の駅「みついし」、新冠町の道の駅「サラブレットロード新冠」、新千歳空港総合案内所(到着ロビー)等々、また帯広・十勝方面でも配布しています。
 
 
※撮影:チバ
 
 
ガイドマップには、8ヵ所の見どころが紹介されており、その8ヵ所には、赤い屋根のスタンプハウスが期間限定で設置されています。
 
 
 
 
スタンプハウスには、スタンプと1枚200円の絵ハガキが設置されています。スタンプラリーに参加するには、その絵ハガキを購入します。それを持って8ヵ所のスポットを巡り、異なる図柄のスタンプを押して回ります。
 
 
※提供写真
 
 
※提供写真
 
 
絵ハガキが完成したら郵便局に出しに行って風景の消印を押してもらいましょう。自分あてに送ると、数日後、うらたびの楽しい思い出が届くというものです。
 
 

スタンプを集めるたけではなく、記念撮影も楽しみのひとつ

スタンプハウスを探してスタンプを集めるだけがうらたびではありません。8ヵ所の見どころは、浦河が大好きな人たちが「ここがおススメ!」と選んだとっておきスポット。とても絵になる風景ばかりで、絶好の写真撮影スポットなんです。
そこで、北海道Likersもおススメスポットを回ってみました。ただ、まだポストが設置される前で、しかも取材日はあいにくの曇り空。快晴ならもっともっと、素敵な浦河だったはずなんだけどなぁ…。
 
まずは「ルピナスの丘」。ファミリースポーツセンターを目指して行くと体育館があります。その裏側です。眼下に浦河の町と海を臨むこの眺めは、まさに地元の人ぞ知る!という名所だと思いました。
 
 
 
 
「オロマップ展望台」は、小高い丘の上にあります。優しい緑が、じーんと浸みてくる風景でした。いつまでもぼーっと眺めていたくなります。
 
 
 
 
実は今回狙っていたのは「JR絵笛(えふえ)駅」。ちょっと撮り鉄を気取ってみました。
 
 
※撮影:チバ
 
 
牧場に囲まれた無人駅で、1時間~1時間半に1本程の割合で列車(ワンマンカー)が来ます。なので、到着時間に合わせて行くのがポイント!北海道Likersは、新ひだか方面から17:30到着の列車を待ち伏せしました。
 
 
 
 
ガイドブック片手に回ってみて思ったのは、その場所を発見した時の「あった!」という喜びがあること。そして、想像以上にそこの風景が感動的なこと。8ヵ所にスタンプハウスが設置されたら、もう一度行ってみたいと思いました。できれば、天気の良い日に(笑)。
 
道内の方も、道外から観光で来る方も、浦河の人たちが「いいでしょ!」と自慢する8ヵ所のスポット、ぜひ回ってみてください。
 
 

うらたび2014~浦河の8つの風景をめぐる旅~

開催期間:2014年7月12日(土)~ 8月10日(日)
開催地:浦河町内全域(北海道浦河郡)
 
 

関連リンク

うらたび2014
うらかわスタンプハウスのある風景プロジェクトfacebook
 
 
 
※ガイドブックの設置場所は、HPとfacebookで紹介しています。