ビールとワインを飲んで、北海道の森を元気にしよう!

 
 
コープさっぽろ×サッポロビール共同で、環境保全のためのキャンペーンがはじまります。これは、コープさっぽろ限定で、サッポロビールの黒ラベルやクラシック、麦とホップ、ドラフトワン、ワインを購入すれば、北海道の森を守ることができるというもの。
 
 
※提供写真
 
 
前回行われたキャンペーンでは、対象商品が麦とホップだけでしたが、今回は5商品に拡大。1缶につき1円、ワイン1本につき10円が寄付され、北海道内の森林保全活動に活用されます。
 
 
※提供写真
 
 
缶には、「北海道の森を元気にしよう!」キャンペーンの内容がわかりやすいように、カーボンオフセットの説明と説明書がデザインされています。また、今回の売り上げの一部は、コープ未来の森基金にも寄付され、北海道の明日の森を育てる活動に貢献します。
 
 
 
 
 
 
販売期間は7月9日(水)からと9月10日(水)からの2回に分けて実施。道内の皆さんはもちろん、出張や旅行で北海道に来ている皆さんも、お近くのコープさっぽろで、ぜひ対象商品を購入してください。そして、皆で北海道の森を守りましょう!
詳しい対象商品や期間などは、HPをチェックしてみてくださいね。
 
 

関連リンク

北海道の森を元気にしよう!
サッポロビール