大雪山の麓に今年グランドオープンしたガーデンです

旭川から車で1時間、札幌から2時間30分~3時間。北海道の屋根、大雪山の裾野に広がる「大雪 森のガーデン」は、今年4月にオープンした観光ガーデン。花のピークは北海道内でも少し遅めの、8月下旬~9月上旬です。
 
ガーデンは、入口付近の「森の花園」と「森の迎賓館」の大きく2つに分かれています。
 
どちらもグランドデザインは、清水町にある「十勝千年の森」なども担当した、高野ランドスケーププランニング。そして植栽デザインは、森の花園が上野砂由紀さん(上野ファーム)、森の迎賓館が笠康三郎さん(緑花計画)です。
 
上野砂由紀さんは、以前に北海道Likersでも紹介したことのあるガーデンデザイナー。テレビドラマ「風のガーデン」のイングリッシュガーデンも手がけました。
 
北海道Likersで紹介した記事はこちら↓
ここにしかない、北海道ガーデンをつくるひと。上野ファームの「上野砂由紀」
北海道でしか見られないものが、ここにある。「上野ファーム」
美しいガーデン風景の中で、思いきり深呼吸。「十勝千年の森」/清水町
 
 
 
 
森の花園は5つのテーマガーデンで構成され、約500品種の草花が代わる代わるガーデンを美しく彩ります。
 
 
 
 
 
 
一方、森の迎賓館は、視界の開けた森の花園とは異なり、木々に包まれた静かな空間です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すり鉢状の起伏を生かして設計された「癒しの谷」からは、田園風景を一望。また夕日がきれいな絶景スポットでもあります。
 
 
 
 
入口付近のガーデンカフェは、併設するレストラン「フラテッロ・ディ・ミクニ」のプロデュース。地元の上川牛乳を使ったジェラートが大人気! さっぱりした甘さです。
 
 
 
 
ガーデンも森も年数をかけて育っていきます。毎年同じ季節に訪れ、豊かに変化していく様子を楽しむのもおすすめです。
 
敷地内はぐるっと歩いて40分~1時間。ゆっくり時間を取って、おでかけください。