本別町発!黒豆製品ブランド「キレイマメ」

十勝平野の北部。
豆のまち・本別町では、日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きい気象条件のもと、良質な豆が生産されています。

 

 
本別町は、黒豆の品種「中生光黒(ちゅうせいひかりぐろ)」の生まれ故郷。誕生したのは昭和3年のことです。「キレイマメ」の商品には、本別産のこの光黒大豆が使われています。生産者や地元の豆加工会社、町役場などが連携して商品開発やブランドづくりに取り組み、2008年から本格的に販売を開始しました。

 

 
健康と美容に役立つ成分を含む黒豆。ネーミングから魅力的な「キレイマメ」は、納豆、味噌、豆腐味噌漬、ワイン煮、味噌漬カマンベール、アイスクリームなどなど、現在16アイテムあります。本別町観光物産センターには全商品が揃い、全国発送も受け付けています(一部商品除く)。また町内には、「キレイマメ」商品を使ったメニューを出すお店もあるそうです。

 

 
町内の企業や団体、道立農業大学校がそれぞれに商品を製造。パッケージデザインは、武蔵野美術大学の教授と学生が担当したそうです。
黒豆納豆(150円)黒豆味噌漬カマンベール(1,260円)素焼黒豆(350円)つまめ豆(420円)

 


 
まち発祥の「中生光黒」の生産を守り、育て、生まれた「キレイマメ」。ぜひ一度、味わってみてください。
 
※記事中の商品価格は通常小売価格です
 
 

十勝本別キレイマメ

公式サイト http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/kireimame/
facebook   http://www.facebook.com/Kireimame
 

・問い合わせ先

十勝本別「キレイマメの会」事務局(本別町役場企画振興課内)
TEL(0156)22-2141(代表)
       (0156)22-8121(課直通)
※販売場所の情報は、「キレイマメ」公式サイトをご覧ください