十勝で食べたい牧場のジェラート!「広瀬牧場 ウエモンズハート」

 
 
牧場で育てている牛たちから搾った新鮮な牛乳を、ジェラートやソフトクリームに。十勝・帯広の酪農家さんが営む、地元で人気のジェラートショップ「ウエモンズハート」へ!
 
帯広駅から西へ車で20分ほど。帯広の森(公園緑地帯)を抜けると辺りに畑が広がり、しばらく進むと黄色の建物が見えてきます。こちらが、広瀬牧場直営のウエモンズハートです。
 
 
 
 
広瀬牧場は、地域の人、子どもたちに「酪農を伝えたい」という思いのもと、20年以上前から農業体験学習を受け入れ、その後1999年にお店をオープンしました。
 
店内のショーケースには、定番と月替わりのおすすめを合わせて、14種類のジェラートが並んでいます。選ぶのに迷ったらテイスティングもさせてくれますよ!
 
 
 
 
お話を聞かせてくれたのは、牧場のお母さんで店長の広瀬真由美さん。
牧場では餌となる牧草・飼料作物をつくって牛に食べさせ、牛舎の中を牛たちが自由に動き回れるようにして飼養しているそう。「健康に育てた牛がおいしいお乳を出してくれて、ジェラートがつくれます」。
カボチャ、ハスカップ、イチゴ、巨峰、トウモロコシ…等々、使う野菜・果物も多くは自家栽培のものや十勝でとれたもの。「できる限り自分たちで手に入れられる素材で、毎日つくること」を大事にしているそうです。
 
 
 
 
ダブルで「ミルク」と「カボチャ」をいただきました。シンプルな「ミルク」は牛乳の味がしっかりと感じられ、後口はすっきり。「カボチャ」はなめらかで、こちらも素材の味が生かされていています。とてもおいしいジェラートです!
 
 
 
 
ジェラートとソフトクリーム、どっちも食べたいときは、ダブルを注文して両方盛ってもらうこともできるのです。これは、うれしい!
 
 
 
 
十勝を訪れたときは、ぜひ足を伸ばして味わってみてください。おすすめです!