恵庭の「むらかみ牧場」で乳搾り体験!

 
 
自分の手でお乳を搾ったり、子牛たちにエサをあげたり。札幌からも新千歳空港からも近い恵庭市にある「むらかみ牧場」で、牛とふれあう体験をしてきました!
 
今回参加したのは、乳搾りなどができる「酪農体験」。牧場ついて話を聞いた後、まずは乳搾りからスタート。はじめに牧場のスタッフさんが、搾り方や注意することを教えてくれます。
 
 
 
 
では、搾ってみます!親指と人差し指で上のほうをぎゅうっと握り、中指、薬指、小指と順に折って搾っていくのですが、あれ?うまく出ません…。「もっと強く握って大丈夫ですよ」とスタッフさん。もう少し力を入れてみると、ピューッと出てきました。おっぱいも、出てくるお乳もあったかいですよ。
 
 
 
 
 
 
次は、生まれて2カ月という子牛に乾し草をあげました。上手に舌を使って食べる姿や、澄んだ目が可愛いのです。
 
 
 
 
最後はバター作りを体験。この日の朝に搾ったという牛乳と生クリームを入れたペットボトルをひたすらシャカシャカ振り続けます。10分ほどすると音が変わってきたのが分かり、そこからもう少し振って、無塩バターの出来上がり!そのままなめてみると、さっぱりとしていて、ほんのり牛乳の香りも。クラッカーにのせて食べると、これがおいしい!
 
 
 
 
 
 
むらかみ牧場は、現在約100頭の牛を飼養し牛乳を生産している牧場です。実際に牛に触れてみると、分かることや驚くことがいろいろ。北海道の牧場で酪農体験してみませんか?
 
 
 
 
 
 
 

酪農体験(乳搾り体験・子牛のエサやり体験・バター作り体験)

実施期間/4~10月まで  
実施時間/1日2回(10:30、13:00)、所用時間約1時間
料金(1名)/小学生まで1,000円、中学生以上2,000円
※事前予約が必要です 
※2名以上でお申し込みください(小さなお子さんは必ず保護者の方と一緒に参加ください)