2014年06月07日 | 宮永 明子

ふるさと会の活気が地域力を表す「東京栗山会」~「北海道ふるさと会」シリーズ(6)

「人がいい、酒がいい、自然がいい」。キャッチフレーズ通り、札幌や新千歳空港から車で約1時間の道央圏にありながら、自然が豊かで、特産物も多い栗山町。地域力があるこの町をふるさとに持つ「東京栗山会」総会の様子をレポートします!
 
 
*******************
 
 
東京栗山会は首都圏を中心に約300名の会員で構成されていて、今年で総会は15回目、創立は30周年という節目の年のふるさと会です。総会当日、会場となった都市センターホテルには、来賓、会員合わせて、およそ110名が集まりました。東京栗山会会長の板垣欣也さんは、「ふるさとはお金では買えません。これまでの役員の皆さんに感謝し、今日は、ふるさと栗山をテーマに大いに語り合いましょう」と挨拶。
 
 
東京栗山会
▲第3代東京栗山会会長、板垣欣也さん
 
 
来賓として栗山町長の椿原紀昭さんも出席し、町の近況を報告しました。栗山町といえば高齢者福祉に関して先進モデルの町として有名です。町長に話を伺いました。
「ここ20年ほど、高齢者が笑顔で健康に暮らし、生き甲斐を持ってもらえるように、社会福祉協議会と連携して活動しています。かつての公共施設を改造して、高齢者が運営する『まちなかカフェ』を開設しました。サークルなど自分たちで考え企画・運営しています。今後も商店街の空き店舗などに展開を広げていきたい。それに、公営団地などを高齢者向け団地にするといった福祉対策も検討しています」と話していました。
 
 
東京栗山会
▲「高齢者の出番を増やすことが、健康につながると思っています」と椿原町長
 
 
高齢者が安心して楽しく暮らせるとあれば、栗山町は移住促進事業でも人気のある町であることも頷けます。
 
 

北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんからのビデオレターも!

苗字が町名と同じという縁から、栗山町に住宅を持つ北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんがビデオレターで参加。少年野球場「栗の樹ファーム」を自らの手で造成するなど、町の活性化にも貢献しています。球場に隣接するログハウスには、国内外の有名選手が実際に使用していた野球用具や、野球に関する各種グッズ、写真パネルなどが展示されていて、野球ファン必見の名所として知られています。
 
 
東京栗山会 北海道日本ハムファイターズ監督 栗山英樹さん
▲北海道日本ハムファイターズ監督 栗山英樹さん。大晦日には栗山天満宮で行われるカウントダウンにも参加しています
 
 

スーパーコンピューター「京」の開発者は栗山出身

スーパーコンピューター「京」の開発者、渡辺貞さんも栗山出身。彼は、同級生たちの自慢です。年に一度、同窓会出席のため、栗山町へ行かれるそうです。昔と変わらずに温かく迎えてくれる仲間たちが栗山の魅力だそうです。
 
 
スーパーコンピューター「京」の開発者、渡辺貞さん
▲スーパーコンピューター「京」の開発者、渡辺貞さん。中学2年の頃に栗山から東京へ
 
 

特産品に恵まれた町

北海道民にはおなじみ、昨年創製90年を迎えたベストセラー「きびだんご」を製造している谷田製菓 代表取締役社長 谷田進太郎さんも来賓として出席。
 
 
谷田製菓の「きびだんご」
▲北海道で「きびだんご」と言えば「谷田の日本一きびだんご」(写真提供:栗山町)
 
 
今年中に、きびだんごの手法を用いて、変わり味を発売する予定だそうです。北海道をイメージするものになるそうで、発売が楽しみです。
 
 
谷田製菓 代表取締役社長 谷田進太郎さん
▲1913年創業、100周年の栗山の老舗、谷田製菓 代表取締役社長 谷田進太郎さん
 
 
こちらの「谷田製菓」の「きびだんごまつり」と、北海道最古の蔵元「小林酒造」の「北の錦酒蔵まつり」は、「くりやま老舗まつり」と総称として、毎年4月第二土曜日と日曜日に二つのイベントが同時開催されています。「くりやま老舗まつり」は活気もあり、道内でも屈指のお祭りです。
 
 
北海道最古の蔵元「小林酒造」
▲1878年、札幌市で造り酒屋を創業したことに始まり、1901年には夕張川の水利に富むこの地に拠点を移した「小林酒造」(写真提供:栗山町)
 
 
続いて、「何といっても日原メロンです!」というのは新入会員の岡留陽子さん。
毎年、代々木公園で行われる「北海道フェア」の「産直フェア栗山町ブース」で販売のお手伝いをしていて、首都圏の方の反応もとても良いと太鼓判!決して甘すぎない、すっきりとした味わいが、栗山の自慢だそうです。
ふるさとについて尋ねると・・・。
「帰省した時、キャベツ畑にトンボや蝶々が飛んでいるのを見てホッとします。それに、土の香りを感じると帰ってきたなぁと思います」。
 
 
栗山町 じゃがいも畑
▲じゃがいも畑。パッチワークの畑がのどかな景観をつくりだしています(写真提供:栗山町)
 
 
「栗山在住の頃、山の麓に住んでいて、実家は農家を営んでいました。何を植えているか、葉っぱや花を見ただけで、すぐにわかるので、自分は自然に囲まれたところに住んでいたことを再認識しました」。
 
 
東京栗山会
▲就職を機に上京した岡留さん。「東京生活24年。年に1回は帰省するようにしています」
 
 
この日の抽選会では日原メロン、くりやまコロッケ、きびだんご、「第3回米‐1グランプリinらんこし」で日本一に輝いた栗山町産ゆめぴりかなどの特産品が景品となり、ふるさとの味を求める出席者の熱気であふれていました。
栗山にはたくさんの特産品がありますね。
特産品の魅力もあって、4月開催の「くりやま老舗まつり」、7月開催の「くりやま夏まつり」、9月開催の「栗山天満宮例大祭」では栗山町外からも多くの来場者が訪れ賑わいをみせています。
 
「人がいい、酒がいい、自然がいい」ふるさとの地域力が、在京栗山出身者の自慢です。
 
 
国蝶オオムラサキ。栗山町は日本の北東限地域
▲栗山町は国蝶オオムラサキの最北東限地域。町のシンボルになり、自然環境を保護する意識が高まりました(写真提供:栗山町)
 
 
会長の板垣さんの言葉を拝借して…。
「在京道産子の皆さん、ふるさとはお金では買えません。ふるさとをテーマに大いに語り合いましょう」!
 
 

北海道Likersで紹介した栗山町の関連記事はこちら↓

 
 

東京栗山会

 
お問い合わせ/東京栗山会 事務局 
E-mail / itagaki-mdo@r2.dion.ne.jp 
 
北海道ふるさと会連合会 各ふるさと会リスト

\もっと知って欲しい!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • ふるさと会の活気が地域力を表す「東京栗山会」~「北海道ふるさと会」シリーズ(6)
  • Google+

Aae34099 853c 4cb7 919c ced078dcaf5f

Writer

宮永 明子

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)