2012年06月20日 | 北海道Likers編集部

時計台の鐘の音、聴きに来ませんか?「札幌市時計台」

数ある観光名所の中から、「札幌に行ったら、ここは絶対外せない!」という鉄板スポット、時計台をご紹介します。
 
札幌の代表的な観光スポット「札幌市時計台」。正式名称は「旧札幌農学校演武場」と言います。1878(明治11)年に、北海道大学の前身である札幌農学校の演武場として建設されました。

 
札幌市時計台

 
時計台は、隣の時計台ビルや札幌市役所など、高層ビルの谷間にあるためとても小さく見えますが、高さは約20メートルあり、ビルの高さに換算すると5階に相当!実は、以外と広いんです。
 
時計台正面の右側に撮影用のステップが設置されているので、そこから撮影するとバランスよく時計台が納まり記念撮影ができます…が、実はもう一カ所、撮影のベストスポットがあるんですよ!道路を挟んで西側のMNビルのテラスが、それ。テラスへは誰でも上がることができます。

 
札幌市時計台

 
時計台の時計の動力はおもりの力で、このおもりを人力で週に2回巻上げています。電気や電池などを使わないエコな時計です。もちろん毎時間鳴るので時間を調整して行くと時計台の鐘の音を聴くことができます。

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 時計台の鐘の音、聴きに来ませんか?「札幌市時計台」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close