恐竜の背びれに立つ!?札幌市内でスリル満点山登り「八剣山」

山頂の切り立った岩が特徴的な八剣山(はっけんざん)。札幌市南区にある小さな山ですが、スリル満点の山登りと素晴らしい眺望を手軽に楽しめます。
 
 
 
 
札幌市街地から定山渓温泉や中山峠へ通じる国道230号線を南に約30分。国道の右手に頂上が恐竜の背びれのような形をした山が見えてきます。この山が八剣山(正式名称は観音岩山と言います)です。
麓周辺には果樹園が何件もあるほか、乗馬クラブやパークゴルフ場などもあり、山登りとともにアウトドアを満喫できるエリアです。
 
北海道Likersで紹介した周辺情報はコチラ↓
札幌市内でカウボーイ気分の雪上乗馬体験
 
 
ゴツゴツと切り立った岩で覆われた山頂。見るからに急峻な山なのですが、登山口から山頂まで1時間もかからず登ることができます。
 
実際に登ってみました!
 
 
 
 
登山道に入るといきなり急な山道。雨上がりだと間違いなく滑って登れないのでは、と思うくらいの急坂が続きます。
 
 
 
 
鬱蒼とした草と木々に覆われた急坂を登ること10分少々、やっと平地に出ました。
 
 
 
 
軽くひと休みをしたら山頂目指していざ出発!
 
登り始めの時よりも傾斜はいくぶん緩くなったものの、登るにつれ足元にはゴツゴツとした岩が増えていきます。しかも登山道は急な崖にへばりつくように伸びており左手は山肌、右手は崖。万が一岩につまずいて転んだら大変です。
 
 
 
 
しばらく登っていくと岩肌が目立つようになり、まわりの木々が少し途切れてきました。
 
 
 
 
岩の上へと進んでいき、振り返ると木々の間から視界が開けました。
 
 
 
 
登りはじめてからここまで30分足らず。下界を眺めていると、時間をかけて随分高いところまで登ってきた気分です。
とはいえ山頂までの道のりはまだまだ。さらに険しい道のりが待っています。
 
 
 
 
アドベンチャー気分満点!まるで日本アルプスの山などで本格的な山岳登山をしているかのような気分!?
 
 
 
 
恐竜の背びれのような形をした山の尾根に出ました。
登山道の片側は視界が開けて眺めがよいのですが、足元は限りなく垂直に近い崖。反対側は木々に覆われていて山の壁面があるように感じますが、よく見るとこちらも下に落ちる崖。つまり、両側が下に落ちる崖で、道幅は場所により1メートルに満たない狭さです。
 
強風が吹いたらどうしよう…、よろけたらどうしよう…、と少々ハラハラしつつもちょっとした冒険気分で尖った山の尾根を進みます。頂上まではあと一歩です。
 
 
 
 
そしてほどなくすると…
 
 
 
 
山頂に到着!
道幅がかなり狭かったのですが、山頂付近は多少広さがあり、20人近く座れるスペースがあります。
山頂からの眺望はとても素晴らしく、頑張って登ってきたご褒美にふさわしい景色です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
登山口から歩き始めて40~50分程度。短い時間でも迫力ある山道を楽しめ、山頂からの絶景を堪能できます。特別な装備がなくても、歩きやすい靴と軍手があれば手軽に登れます。
これだけ大自然を味わえるにも関わらず北海道の都、札幌市内。標高はさほど高くありませんが「登った感」満載です。

 

「登山」関連記事

大雪山の花畑、秘湯、最高峰を同時に楽しむ一日登山