ここは、まさに隠れスポット!魚いち亭の「いけすいか定食」

漁師さんや魚屋さんが、ごくごく普通に利用する店にこそ、美味いものはあるんです。

函館に来たなら絶対食べたいもの。それは、イカ。
イカソーメン、刺身、お寿司など、函館市内では、さまざまなイカ料理を楽しむことができます。

数ある中から、今回おススメしたいのが、魚いち亭の「いけすいか定食」です。 




「魚いち亭」があるのは、函館市水産市場卸売市場2階。函館の漁業関係者が一堂に会し、セリなどを行う中心地です。函館駅横にある朝市と間違えそうですが、もう少し赤レンガ倉庫群寄り。

「毎朝、下の市場から新鮮な魚を仕入れてきますよ!」とは、オーナーの佐々木さん。その新鮮な素材を使った定食が、これ!

じゃーん!「いけすいか定食」。 





どうです、このスケスケ感!この透明なイカを一度でも食べてしまったら、もう他のイカは食べられません!ショウガ醤油でいただきますが、まずは何もつけずにそのまま一口味わってみてください。本当のイカの味がよくわかります。箸で持つと、シャキーン!ピーン!と張ったまま。食べると、コリコリコリコリコリ…。かみしめると、甘みがじゅわわわわ~。

このボリュームで、お値段800円~(その日の仕入れにより価格が変わる場合があります)。

付け合わせの塩辛なども全て自家製手作り。これだけでもご飯がすすみます。

また、日替わりで魚が変わる「本日の定食」も見逃せません。こちらはなんと!500円。
取材の日は、脂ののった身欠きニシンで、まー、これも、おいしいこと!




ちなみにご飯は、北海道米を使用。おいしさはもちろん、価格もボリュームも大満足!アットホームな市場の食堂は、まさに函館の隠れスポットです。