〈保存版〉北海道旅行&出張で失敗しない服装指南~春・初夏編(男性)~

4月~5月に北海道に行って、寒くてびっくりした経験はありませんか? 関東圏との気温差が10度なんて日もざら。4月中旬で桜もまだなら、GWに雪が降る年もあります。一体何を着て行けばいい!?
男性編から紹介します。
 
指南役は、JR札幌駅前に建つ「さっぽろ東急百貨店」です。
 
 
(写真提供/東急百貨店)
 
 
7階紳士服売場で、「シャツにジャケットを羽織るくらいでちょうどいいと思います」と教えてくれたのは、『ヘンリーコットンズ』のスタッフ。
 
こちらが参考コーディネートです。プリントシャツ×カラーパンツは、今年のトレンドだそう♪ 
 
 
 
 
●靴
サンダルだとまだちょっと寒いです。足元に軽さを出すなら、デッキシューズやドライビングシューズはいかがでしょう。
 
●ボトム
ショートパンツはまだ早く、フルレングスが◎。下にレギンスはなくても寒くありません。
 
 
●トップス(シャツやカットソー)
基本、七分袖や長袖。予報気温が18~20度を超えるようなら半袖でもOKですが、道産子がこの季節に半袖を着ることはありません。
 
●羽織り(ジャケットやカーディガン)
半袖1枚で堂々と歩けるのは7月以降。昼間の数時間は暑いと感じても夕方からはガクンと気温が下がるので、綿や麻のカーディガンなど、やや厚手の羽織りものは必須。ジャケットは裏地なしで充分です。
 
 
また、「あまりの寒さに駆け込んで来て、購入される方も結構いらっしゃるんです」と勧めてくれたのが、薄手のアウターです。
 
 
 
 
●アウター
風を通さず、持ち運びにかさばらないウィンドブレーカーがベスト。朝夜は寒いので1枚あると重宝しますよ。
 
 
ビジネスシーンでも、天気が雨や曇天の場合や外にいる時間が長いようであれば、薄いコートを持参するのが得策。コートが難しければ、ジャケットの中に着られる、薄手の綿のニットやベストがあるといいですね。
 
 
 
 
参考になりましたでしょうか? 北海道の春~初夏は風が冷たく、気温以上に寒さを感じがちです。せっかくの旅行や大事な出張で風邪を引かぬよう、防寒対策はしっかりと!

 

女性はこちら!

保存版!北海道旅行&出張で失敗しない服装指南~春・初夏編(女性)~