札幌国際芸術祭2014(SIAF2014)東京記者会見緊急リポート!! ゲストディレクター坂本龍一さん登場!

※この記事は2014年のものです。
 
最新情報については公式サイトをご確認ください。
札幌国際芸術祭
 
*******************


 
 
今年の7月19日(土)から9月28日(日)の72日間、「都市と自然」をテーマに「札幌国際芸術祭2014(SIAF2014)」が開催されます。その記者会見が、去る3月13日(木)に東京の六本木ヒルズ アカデミーヒルズで行われました。札幌の魅力をアートの視点で発信する国際イベントはどういったものなのでしょうか?記者会見の模様をお伝えします。

 

「都市と自然」をテーマに、札幌を国際的な文化芸術都市へ

この日はゲストディレクター坂本龍一さん他、ゼネラル・プロデューサー武邑光裕さん、アソシエイト・キュレーター飯田志保子さん、アソシエイト・キュレーター四方幸子さん、地域ディレクター端聡さん、参加アーティスト7名が登壇。会場となった六本木ヒルズ アカデミーヒルズ オーディトリアムにはおよそ100組の報道陣が駆けつけました。
 
 
 
 
会見は実行委員会会長を務める上田文雄札幌市長によるビデオメッセージから始まりました。
 
「芸術祭では、『都市と自然』をテーマに、歴史文化・風土、都市機能、地域経済や産業、暮らし方をアートの視点で見つめ直し、私たち市民が自ら未来を展望する機会を創り出すことを期待しています。また、去年、札幌市はユネスコ創造都市ネットワークのメディア・アーツ分野で、アジア初の『メディア・アーツ』都市として認定されました。これを契機に、国際的な文化芸術都市としての歩みを進めていきたいと考えています」とメッセージ。
 
そしてゲストディレクター坂本龍一さんによる挨拶。
 
 
 
 
「この芸術祭が世界に札幌・北海道の素晴らしさを伝える人材と拠点作りを進めるきっかけとなれば嬉しい。創造都市にふさわしい種を札幌に蒔いていけたらと思います」。
 
 

国内外で活躍する多彩なアーティストが参加

参加アーティストは48名(組)(3月13日現在)。音楽、映像、絵画、写真など、各分野の多彩な顔ぶれです。
期間中、会場となる「札幌芸術の森美術館」や「北海道立近代美術館」「札幌市資料館」などでは、さまざまな企画展示や特別展示、パフォーマンス/ライブ、参加型プロジェクトなどが予定されています。
北海道Likersでも紹介した「都市空間のサウンドコンペティション」は、現在100件以上の応募があるそうです。
 
 
この日は、芸術祭の具体的な事業内容や参加アーティストの紹介もありました。
例えば、「北海道立近代美術館」では、ドイツのアーティスト、カールステン・ニコライさんが人工雪を作り出す装置を使ったインスタレーションを展示。これは「雪は天から送られた手紙である」という言葉で有名な、北海道大学にゆかりのある中谷宇吉郎博士の研究から着想を得た作品です。
 
 
 
 
坂本龍一さんから紹介された参加アーティストの大竹伸朗さんは、「時憶/美唄」を展示。大竹さんは、1970年代に別海町に単身渡り、一時期を過ごしたことがあり、それ以来、北海道を訪れるようになったそうです。
 
 
《時憶/美唄》
2013 
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館での展示風景 
Photo:山本真人
©Shinro Ohtake
 
 
2014年の札幌は、街中がクリエイティブなアートであふれそうです。
その他参加アーティストや最新情報は、随時公式ホームページで更新されるので、興味のある方は、ぜひチェックしてくださいね。
 
 
 

関連記事

札幌国際芸術祭2014プレフェスティバルイベントに坂本龍一さん登場
札幌国際芸術祭2014、都市空間のサウンドコンペティション
 

札幌国際芸術祭2014

●会期 / 7月19日(土)~9月28日(日)の72日間
URL / http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/
Facebook / https://www.facebook.com/siaf2014info
 
●問い合わせ
創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会 国際芸術祭事務局
TEL / 011-211-2314