東京の北海道ふるさとコミュニティでストライク!?北見市ふるさと会親睦ボウリング大会~「北海道ふるさと会」シリーズ(2)

老若男女、誰もが楽しめるスポーツ、ボウリング。同郷の仲間と一緒に汗を流すのは楽しいものです。「北海道ふるさと会」シリーズ第2弾は2月下旬に東京ポートボウルで行われた「第8回北見市ふるさと会親睦ボウリング大会」の様子をレポートします!
 
 
 
 
*******************
 

どんなボウリング大会なのでしょうか?

まず、東京北見会の幹事長 作田英二さんに、この大会について伺いました。
 
 
 
 
「2006年の市町村合併により、常呂(ところ)町、端野(たんの)町、留辺蕊(るべしべ)町は北見市になりました。このボウリング大会は、東京常呂会、東京北見会、在京端野会、東京るべしべ会の合同組織「北見市ふるさと会」によって行われています。2007年に参加者40人で始まり、今回で8回目です。もともと、東京常呂会 事務局の勢籏加代子さんがアマチュアボウラーとして活動されていたことから第一回大会を開き、続いて東京北見会と合同となり、どんどんその輪が広がっていきました」。
 
この日の参加者は総勢102名。26レーン、1フロアのほとんどを使いました。
 
「その勢籏さんの繋がりで、プロボウラーの並木惠美子さんが加わり、アドバイスや直接指導も行っています」。

 

プロボウラー並木惠美子さんの直接指導が受けられます

 
 
 
並木プロは東京出身。ボウリング全盛期には全国各地走り回り、「北海道へは何百回どころじゃない!何回行ったかわかりません!」という程、行かれています。この大会に関わってからは「北見が私のふるさと」という気持ちをお持ちだそうです。
 
 
 
 
 
 
「毎回、教えにきていますが、北見出身の皆さんは筋がいい。一生懸命、ボウリングに打ち込んで腕を上げていくと、私もアドバイスのし甲斐があります。楽しい会ですよー!」と並木プロ。

 

懇親会で結果発表!!

いい汗を流した後は、懇親会会場へ。
ここで、結果発表!!
団体優勝は東京常呂会Bチーム。スコアは1230点です(各団体の上位3人の2ゲーム合計得点で競いました)。
 
 
 
 
個人優勝は桑辺博教さん(2ゲームの合計点で競いました)。この日の最高スコアは213点!
 
 
 
 
会の締めくくりはじゃんけん大会!なんと、はずれがなく、一人2つは景品をもらえちゃいます。太っ腹!この日の最高景品は自転車です。
 
 
 
 
北見市のお隣、常呂郡佐呂間町出身の手染めテキスタイルデザイナー、高橋典照さんの商品も、景品として提供されました。典照さんの娘さんと、共にアート作品を作っている書家の末廣博子さんもボウリング大会に参加されていました。
 
 
 
 

ふるさとへの想い

おしまいに、この会の実行委員長である勢籏加代子さんにふるさとに対する想いを聴いてみました。
 
「年に2回程、実家がある常呂に帰省します。住んでいた頃と比べると町は大きく変わりましたね。小さい頃は道路が舗装されていないのどかな環境でした。尾瀬道をお散歩したり、近くの川でしじみを採ったり、山菜を採ったり、そういったことが遊びの中心です。冬は吹雪の中、小学校へ1時間かけて集団登校し、逞しく育ちました。今の常呂は、文化的になって、何をするにも便利になりましたが、過疎化が進んでいるのが心配です」。
 
常呂の為に活動していることを教えてください。
 
「特産品の紹介をしながら、移住や観光誘致に繋がればと首都圏から応援しています。10月に行われる『みなと区民まつり』では、じゃがいも、玉ねぎ、豆類、そして、漁獲高日本一のホタテを販売しています。さらに、カーリングの後援会に入り、首都圏で寄付金も募っています」。
 
そうです!常呂といえばカーリングですよね!先日のソチ五輪で旗手を務めた小笠原歩選手を始めとする女子カーリングチームの中核メンバーの出身地でもあります。去年、常呂に通年型のカーリング専用屋内競技場「アドヴィックス常呂カーリングホール」が完成しました。一般の方や観光体験などでも利用できるのが嬉しい、カーリングの聖地にふさわしい施設です。
 
 
 
 
「それから、毎年5月中旬にサロマ湖で生まれたホタテの稚貝をオホーツク海へ放流します。夜中3時にライトをつけた船が100隻、等間隔に並ぶその景色が観光の見所になるように思うんです。たくさんある観光資源を活かせないか模索中です」。
 
 
 
 
離れてみて感じる魅力は?
 
「『人情味があること』、『温かい人のつながり』、『ゆったりとした時間の空間』かしら」。

 
*******************
 
 
7月には「オホーツクふるさと会ボウリング大会」が開催されます。北見、常呂、端野、留辺蘂はもちろん、オホーツク圏にある16の市町村のふるさと会が参加します。
 
網走、紋別、遠軽、雄武、上湧別、訓子府、佐呂間、斜里、津別、美幌、女満別、東藻琴...。
上記に自分のふるさとがあるというあなた!興味がありましたら、「オホーツクふるさと会ボウリング大会」に参加して、同郷の仲間といい汗を流してみてはいかがでしょうか?

 
 
 
北海道Likersで紹介した北見のハッカはこちら↓
http://www.hokkaidolikers.com/articles/90
 
 

ボウリング大会に関するお問い合わせ

TEL / 090-8503-3485 勢籏加代子様宛
 
北海道ふるさと会連合会 各ふるさと会リスト
 
東京常呂会事務局
TEL / 090-8030-1703 鈴木哲弘様宛
東京常呂会ブログ

在京端野会事務局
TEL / 049-262-1636 中沢透様宛
 
東京るべしべ会事務局
オホーツク圏ふるさと会連合会