札幌の湧き水と言えばココ!!「豊滝 龍神の水」

札幌の湧き水と言えばココ!!と友人が言うので体験レポートしてみようと飲みに行ってきました♪「スーっと体に浸み渡るような、めっちゃ清涼感のあるのど越し!!」思わず「ぷはっ~!!」って声が出てしまいました(笑)WEBでも結構書き込みがあり、最近は来訪者も多いようですが、それでもやっぱり「知る人ぞ知る」的な穴場スポットです。


 
 

 
因みに写真に写ってる「スノーベリーファーム」はイチゴ狩りが楽しめるファームです。近隣には他にも色々フルーツ狩りが楽しめるファームが多いので、気になるフルーツを発見したら立ち寄ってみるのもプチ観光みたいで良いかもですね♪

 


では、軽~く「もぎたてイチゴ」を堪能した後は300mほど進んで左手に写真の石碑が見えたら、左に曲がって砂利道を登ると「豊滝 龍神の水」に到着です。水汲み場は「豊滝市民の森 3番Point」の駐車場横にあります。もちろん無料ですが、施設をいつまでも気持ちよく利用できるように入り口にあるお賽銭箱にお気持ち程度のお布施などもお忘れなく(^^:それでは、せっかく足を運んだついでに、ちょっとだけ市民の森を探索してみると下の写真の鳥居が見えてきます。

 

 
鳥居の奥には、この地を開墾した人々が古くから大切に守り続けてきた社があり、龍神(白龍さま)が祀られているそうです。毎年4月と9月にはお祭りがあり、自然の恵みに感謝し今でも「龍神の水」を大切に維持、管理されています。
 
 

 
鬱蒼と繁った林の中にたたずむ社の景観は、とても素朴で地味ですが何か時代を逆行してるような空気感に包まれます。北海道は水道のお水も美味しくいただけて有り難いですが、ぜひ一度立ち寄って"おいしいお水”だけではなく"古の空気感"もご賞味ください♪
 
因みに、早朝・深夜は熊に出会ってしまう可能性もあるので避けてくださいとの事でした。下の写真のような案内板も北海道ならではで関西出身の新参どさん子の自分としては思わずシャッターを切ってしまう訳です(さすが北海道!!笑)

 
 
 
『それでも、夕暮れまで居てしもた』と言う方にはブルーとオレンジの素敵なコントラストがサプライズで待ってる!!・・・かもです(^^)

 
 
 
以上、北海道が気に入って居ついてしもた関西人フォトライター岩崎の『豊滝 龍神の水』レポートでした。