めっちゃ美味いで~!夕張メロン♪生産者に突撃レポート

こんにちは。今回は夕張メロンについてのウンチク記事です。
親子2代で夕張メロンを生産している小林尚文さんにお願いして
実際に収穫作業に参加させて頂き折り紙つきの美味しさの秘密などに迫ってみようかと思います。





では、出し惜しみせずに一番気になるところの『おいしいメロンの見分け方』を1つご紹介しておきます。

岩崎  :「美味しいメロンってどうやって見分けるんですか?」
小林さん:「そうですね~。底を叩いて柔らかいものが甘いんですよ。
     でもどういう感じが”やわらかい”かを見極めるのは難しいですよ(笑)」
岩崎  :「確かに!!何万個も叩いてる業者さん位しか、
     やわらかさを比べようがないですもんね(^^;
     あと、上等なメロンって表面が網々みたいになってるやないですか?!
     あれでも見極め方とかあるんですか?」
小林さん:「あれは、ネットって言って実が成長してくると皮が持切れなくなって裂けるんです。
     その傷が治ったものがネットなんです。ネットの掛かり具合は1つの目安ですが
     味に大きな違いは無いですよ。強いて言うならネットが整ってると
     均等に成長してるって事ですね。」





という感じで早朝5時から収穫作業を体験してみました。↑写真は次男さんの収穫風景。
メロンの茎は地面を這う様に伸びて幾つか実が生りますが、2つだけを残して他は捨てはるそうです。
土壌豊かな畑の栄養を2個に集約するって。。。そら美味いやろ~って納得です。

岩崎  :「夕張メロンの特徴って何ですか?」
小林さん:「他のメロンは50日収穫と55日収穫のタイプがあって、
     比較的素人でも収穫しやすいんですが夕張のは目安が無いんですよ。
     特に温度管理が重要で収穫時期を見極めるのがとても難しい。
     他のメロンとの大きな違いです。」
小林さん:「あと、種は門外不出なんで夕張でしか作れないですね(笑)」





小林さん:「夕張のメロンは日本一作りづらいメロンで絶対他には無い味なんですよ。」
岩崎  :「美味しいですモンね(^^; 」←食レポ経験0のダメダメ返し
小林さん:「Hahaha(^^)、糖度って甘さの基準があるんですよ。
     メロンの糖度15度以上はざらにあるんですが、夕張のは13度以上あれば良いんです。」
岩崎  :「へぇーそうなんですね。ほんなら他のメロンより甘さ控えめなんですか?」





小林さん:「いいえ、糖度と言うのは誤解されがちなんですが
     高ければ高いほど良い訳ではないんです。
     糖度は甘さの基準ですが、13度以上あれば十分な甘さがあるという事なんです。
     夕張メロンの特徴は、香りが他のメロンよりはるかに強く
     食感が他のメロンと全く違います。ぜひ、この食感を味わってもらえれば嬉しいですね(^^)」





という事で『夕張メロン』は食感を味わうベシ!!
なるほど~っと思いながら夕方5時までの収穫作業をお手伝いさせて頂いて、
とっても美味しい朝ごはんと昼ごはんまでご馳走になりました。
もちろんデザートに夕張メロン♪
(実はこの日だけで朝・昼・帰り際と丸々1個以上食べてしまいました(笑))
夕張メロンの食感は、なんといっても口の中でとろける感じが最高で口いっぱいに甘味が広がります♪
なんか「シャクシャク」って感じだけで甘味の全く無いメロンとか、
舌を刺す様なドギツイ甘さのメロンとかはもう食べられへんなと思いましたね(^^;)





生産者の小林さんは、日焼けした真っ黒い顔で終始ニコニコされてる方で
お孫さん達を幼稚園に送る時に『たくさん遊んでおいで♪』と声を掛けて見送られてました。
伸び伸びと育って欲しいという想いが凄く感じられて、
この"ひととなり"が雄大な北海道の大地で育てる夕張メロンにも注がれてるんやろな~って、
1人で勝手に感動した体験レポートでした(笑)





最後に、生産者の皆さんが困ってる事を1つ。
棚持ちしない収穫時期が繊細な夕張メロンなんで、
年々航路が減ってきてる中(格安航空機はコンテナが少ない)、
どうやったら、より多くの皆さんに『夕張メロン』を味わって頂けるかを考えてらっしゃるそうです。
読者の皆様で面白いアイディアがあれば是非コメント宜しくお願いします。

以上、関西出身のフォトライター岩崎でした。