ナス/農家の息子 本店 ~採れたて!おいしい!北海道産夏野菜を食べよう(2)

シリーズ2回目は「ナス」の登場です。 夏にぴったりの冷たい料理を用意してくれたのは、円山公園近くの裏参道にある「農家の息子 本店」。北海道内の生産者から直接仕入れた野菜を、化学調味料を使わず、オリジナリティ豊かな料理で楽しませてくれるレストランです。

 

 
9月上旬までの季節メニュー、「焼きナスと銀の舞ポークのスパイシーなしゃぶしゃぶ」で使っているナスは、江別の農家から送られてくる、つばくろナスという品種。 昔ながらの味がはっきりとしたタイプで、加熱するとトロッとした食感になるのだとか。 このトロッとしたおいしさを余すことなく味わえるよう、ナスはコンソメで煮浸しに。 サッと茹でて、コリアンダーやクミンをミックスしたケイジャンスパイスで和えた銀の舞ポーク(仁木町)のもも肉と一緒にいただきます。
 
 

 
ナスと豚肉との相性は言わずもがな。スパイシーな味わいも手伝って、暑い日でももりもり食べられそうです。 独特の紫色の皮には、抗酸化作用で知られるポリフェノールがたっぷり含まれています。アンチエイジング効果にも期待したいところです。