2月22日・23日、いよいよ開催!「昭和新山国際雪合戦」

※この記事は2014年のものです。

最新情報については公式サイトをご確認ください。
昭和新山国際雪合戦
*******************


北海道壮瞥(そうべつ)町、昭和新山。白い大地を熱くする「昭和新山国際雪合戦」が、いよいよ2月22日・23日に開催されます。スポーツ雪合戦の頂点の座をかけて、今年も熱戦が繰り広げられること間違いなし!
 
 
 
 
雪合戦に国際ルールを導入して競技化したスポーツ雪合戦は、壮瞥町が発祥の地。コートに入る選手は1チーム7人(フォワード4人、バックス3人)。シェルター(壁)で雪球から身を守り、雪球で攻める、大人が本気で熱くなるスポーツです。
 
 
 
 

イチオシ!見どころ紹介

昭和新山国際雪合戦は今年で26回目の開催。全国の予選会を勝ち抜いてきた精鋭152チーム(予定)が出場し、また、海外からカナダチームも参戦します。
 
北海道Likersで紹介した「北海道遺産 昭和新山国際雪合戦大会」はこちら↓
http://www.hokkaidolikers.com/articles/419
 
 
 
 
注目したいチームは、「第N回優勝札幌チーム」。第16回、第19回、そして昨年第25回大会で優勝を果たしている強豪で、雪合戦界に名を馳せる“川村四兄弟”が所属するチームです。
 
 
 
 
 
 

1月に行われた「サッポロオープン雪合戦(道央エリア予選大会)」で、選手メンバーの筒井さんと川村さんに話を伺いました。

 
北海道Likersで紹介した
「『サッポロオープン雪合戦』応援してきました!2月は昭和新山へ!」はこちら↓
http://www.hokkaidolikers.com/articles/1844
 
 
 
1990年にチームが結成され、その年の昭和新山第2回大会から参戦。現在は2000年頃から参加している20人弱のメンバーで活動しているそうです。
 

雪合戦は、チームワークや戦術が必要とされる競技。チームのスタイルは?

「例えば、相手がセンター(センターシェルター)を取ってくるなら自分たちは引く。とにかく球に当たらず7人が生き残れば勝てるので、前に出ないほうが安全なときもあります。自分たちは基本的に相手のスタイル、出方に合わせて戦う変幻自在なチームです」。
 

昭和新山での目標は、やはり連覇?

「もちろんそこを目指していますが、自分たちが一番強いなんて思っていません。この雪合戦は、レベルの高い試合になっていくと運の要素も大きくなります。優勝や連覇をするのが難しいスポーツなんです」。
 
「みんなあまり言葉にはしませんが、負けたくない気持ちは内に秘めています」。お二人の言葉から強い闘志が伝わってきました。
 
 
 
 
昭和新山国際雪合戦は、スポーツ雪合戦の迫力とおもしろさ、チャンピオンを目指すハイレベルな試合を間近で観戦するチャンス。果たしてどんなドラマが待っているのか?みなさんも、現地へ行って応援しませんか!?
 
 
■昭和新山国際雪合戦
http://www.yukigassen.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/YukigassenJp

【第26回昭和新山国際雪合戦】
開催日 / 2014年2月22日(土)・23日(日)
会場 / 昭和新山山麓特設会場(有珠郡壮瞥町昭和新山)
問合せ先 / TEL.0142-66-2244(昭和新山国際雪合戦実行委員会)