旭川市科学館サイパルで科学と北国の自然を体感

旭山動物園の観光ついでに立ち寄る方も多いという旭川市科学館「サイパル」。プラネタリウムをはじめ、無重力の疑似体験や-30度の低温室での実験など、大人も子どもも体感しながら楽しめます。
 
「理系は苦手、ワタシ文系だし」、という方でも心配ナシ!北海道最大級の科学館というだけあり、見ごたえある展示物が数多く並びます。その多くが単に見るだけではなく、体験しながら楽しめるということがこの施設の魅力です。
 
 
 
 
施設に入り最初に目に飛び込んでくるものは、旭川周辺の自然を写した映像の投影。
このようなものはどこの街にもあるでしょ、とお感じの皆さん。ちょっと違います。
プロジェクターから映し出される映像は壁や紙のスクリーンではなく、水に投影されているのです。
5メートルの高さから流れ落ちる水の膜に、旭川周辺で見られる花や大雪山系の風景などさまざまな自然の映像のほか、来場者の姿なども映し出されます。
 
 
 
 

旭川市科学館「サイパル」で北国の自然を体感

入口付近にあるウォータースクリーンの先に進むと、数々の展示施設が並び大きく3つのコーナーがあります。
そのうちの一つ、北国コーナーでは、旭川をはじめとした北海道内で特徴的な自然現象の不思議を体感できます。
 
疑似なだれ装置でなだれを正面から見ているような感覚が味わえる「ナダレンジャー」、夏暑く冬寒い旭川の盆地特有の気候や冬型気圧配置と降雪の仕組みなどの映像紹介、北国の動物の身体が大きい理由がわかる最先端の技術を駆使した映像など9つの展示物があります。
 
なかでも一番の目玉は低温実験室。体験は土,日のみですが、-30度の室内でダイヤモンドダストの観察や実験をします。
この室内で濡れたタオルを10秒少々ぶんぶん振り回すと、凍ってカチンコチンになりタオルが立ちます。しゃぼん玉を吹いてみると、凍って薄いガラス玉のようになり手のひらにのせることもできます。実験とともにこんな北国ならではの遊びも楽しめます。
 
 
 
 

旭川市科学館「サイパル」で地球と人類の進化を体感

北国コーナーの隣にあるものが地球コーナー。
地震や雲などの自然現象と生命の誕生など人体に関する不思議をテーマにしたコーナーで31もの展示物があります。
地震波の伝わりかたの疑似体験、巨大なしゃぼん玉の中に入って液体の表面張力や光の性質を知るアトラクション、雲や火山を作る施設、CTスキャンで輪切りにされた人間の体を観察できる人体スキャンなどがあります。
なかでも風変りな展示物が人類の進化を体験できるもの。
 
展示物の入口には人類の進化を4段階に分けて絵柄で表されています。
 
 
 
 
中へ入る前にまずは準備をします。
 
 
 
 
準備ができたら特殊な装置を備えた部屋に入り、スクリーンに向かってポーズを取ります。
すると、目の前には自分と同じポーズをした人類の祖先が映し出だされます。スクリーンの左に立つと古い祖先「アウストラロピテクス・アファレンシス」が、少し右にずれるにつれ、「ホモ・エルガステル」、「ホモ・ハイデルベルゲンシス」と進化をし、一番右に立つと現代の人間「ホモ・サピエンス」へと変化をしていきます。
左から右へ向かって歩いていくと、スクリーンには自分と同じ歩き方をしながら進化していく姿が映っています。
途中で止まってガッツポーズをすれば映像の人類もその時代の姿をして同じくガッツポーズをします。
 
 
 
 
これは映画などでCG映像を作る時に役者が演じる時と同じ技術を用いたもので、人類の進化を楽しみながら知ることができる施設です。ちょっとだけハリウッドスターになった気分!?
 
 

旭川市科学館「サイパル」で宇宙を体感

地球コーナーの隣には宇宙コーナーがあります。
無重力の疑似体験ができる「宇宙ゴマ」をはじめ、バイク型ビークルに座って太陽系の惑星を旅して回る宇宙旅行の疑似体験施設など6つの展示物があり、宇宙の不思議をテーマにしています。
宇宙ゴマはNASA(アメリカ航空宇宙局)などで使われている宇宙飛行士訓練用装置を模したもので、宇宙空間での無重力状態や宇宙船での姿勢制御の基本などについて疑似体験できます。
 
 
 
 
 
 
旭川市科学館「サイパル」には、宇宙コーナー以外でも宇宙や天体について触れることができます。
施設入口近くにあるプラネタリウムでは、最新式の投影機で直径18メートルのドームに季節ごとの満天の星空を映し出します。年に数回プラネタリウムコンサートも開催され、星空投影だけではない楽しみかたもできます。
 
 
 
 
建物屋上には大きな望遠鏡を備えた天文台が2つあります。
太陽や月、惑星を観測できる望遠鏡を備え、観測デッキもあります。観測デッキからは大雪山連邦も一望できます。
さまざまな観測会や天文教室が開かれているため、開催日に合わせて行ってみると巨大な望遠鏡を通じて宇宙の神秘に触れられます。
 
 
 
 
 
 

旭川市科学館「サイパル」でものづくり

建物の1階には体験できる展示物やプラネタリウムが、屋上には天文台があります。
2階には木工模型工作室、電子工作室、理科実験室のほか、顕微鏡や図鑑の利用、昆虫や鉱物などの標本の観察ができるレファレンスルームなどがあります。
 
なかでも木工模型工作室では木工教室や体験などが時折開かれ、インテリアに合う木の小物やおもちゃなどを作ることができます。
 
 
 
 
楽しみながら科学を学び体験できる旭川市科学館「サイパル」。
お子さんはもちろん、大人も思わず夢中になって楽しんでしまいます。ぜひ一度、体感してみて下さい!