冬の円山動物園では期間限定で入園料が無料に!

札幌市円山動物園では、入園料が無料となる「スノーフェスティバル2014」が、2014年2月5日(水)~11日(火・祝)まで開催されます。ホッキョクグマやレッサーパンダなど冬に元気な動物たちに会いに行きませんか?
 
 

冬の動物園

寒さに強く冬にこそ元気な動物たちがたくさんいます。
中でも代表的な動物はホッキョクグマ。飼育されている状況下での自然繁殖が難しい動物ですが、円山動物園では2000年以降次々と繁殖に成功したことで有名になりました。
 
 
 
 
ホッキョクグマは暑さが苦手で夏は一日中ぐたーっとしていることが多いのですが、冬は元気!厚い脂肪と保温性がある体毛を持つので冬はどんなに寒くてもお構いなし!という様子です。
ほかにも、レッサーパンダ、ユキヒョウ、ゴマフアザラシやゼニガタアザラシなど、冬ならではの動物たちの元気な姿を楽しめます。
 
 
 
 
 
 
 
 
極寒の中、動物は元気でも人間は元気ではありません…、という寒さが苦手な方、ご安心下さい。
チンパンジー、オオカミ、サルなど、温かい室内でゆっくり見ることができる動物たちもたくさんいます。動物を見ながらくつろげるレストハウスや休憩所など暖を取る場所も多数あるので、休憩しながら冬に元気な動物たちを見て回ることができます。
 
真冬は屋外なので寒そう…と敬遠してしまう方も多いかもしれませんが、意外と寒さを気にせず楽しめます。
冬の動物園に行ってみませんか?
 
 

「スノーフェスティバル2014」とは

さっぽろ雪まつりと同じ日程で開催する冬の一大イベント。期間中は入園料が無料になります。
元気な動物たちの姿を見ることができるほか、雪や氷を活かした遊びがたくさんあります。
さらに、札幌市内から動物園まで臨時のシャトルバスも走るので訪れるのも楽チンです。
 
ゆったり楽しみたい方には雪像見物がオススメ。
さっぽろ雪まつりでは大通公園に大雪像が並びますが、ここ円山動物園には昔ここにいた人気動物を復元した雪像が並びます。街中の雑踏をよそにゆったり作品見物できます。
 
元気に楽しみたい!という方には氷のすべり台はいかがでしょう。
全長約20メートルのコースが2本ある氷のすべり台。長さがあるのでスピード感とスリル感を楽しめます。子どもさん向けと思いきや、実は大人のほうが童心に返って楽しんでしまいそうです。
 
 
 
 
ほかにも、雪の迷路や出店、期間限定の馬そり体験などが登場します。
 
 
 
 
2月8日(土)には「ファンタスティックナイトZOO」と称し、夜の動物園見物もできます。
冬期一日だけの夜の動物園。暗闇に浮かぶあの動物も…!?
 
入園料が無料となるこの機会に、冬の動物園を楽しんでみませんか?
 
 
 
 

MARUYAMA ZOO スノーフェスティバル2014

●開催期間 / 2014年2月5日(水)~11日(火・祝)
●開催時間 / 9:00~17:00(最終入園16:30)、2月8日(土)は20:00(最終入園19:30)まで延長
●入園料 / 期間中無料
●臨時バス / JR札幌駅~大通~円山動物園(西門)間、約30分ごと
※運行時間と途中停留所は下記にてご確認下さい。
http://www.city.sapporo.jp/zoo/documents/bas.png