サーモンファクトリーでおいしいサケ見つけた!

「サーモンファクトリー」があるのは、札幌市のお隣、石狩(いしかり)市です。札幌駅から北へ車で30分ほど。サケが大量に上ってくる、石狩川沿いに立っています。
 
 
 
 
その名の通り、サケの商品は「佐藤水産」の店舗きっての品揃え。隣にサケを加工する工場を併設しており、切り身だけでも10数種がズラリ!
 
 
 
 
 
 
価格は130円~。秋鮭、紅鮭、時鮭などが、さまざまな味付けで揃っています。どれも天然ものを使っているのがウリです。
 
 
 
 
人気は、さざ浪漬。米麹に漬けて熟成させ、サケの旨みを引き出しています。甘みがあるけどほんのりしょっぱいという絶妙な味わい。個体や季節によって熟成の具合を調整するなど、手間暇かけて作っているといい、1971年以来のロングセラーというのも納得です。
 
 
 
 
個人的には、サケの尾から頭に向かって塩をすり込み、重ねて保存することで味を染みこませるという、山漬も好きです。全体に均一に味が染みこんでいて、噛むと旨みがジワッと滲み、味わい深いんですよ。尾から塩をすりこむのは、ウロコの流れと逆にすることで、中まで味が染みやすいからなんですって!
 
 
また、以前に紹介した「手まり筋子」など、筋子、イクラ製品のバリエーションも豊富。
 
 
北海道Likersで紹介した「白いご飯に、一口大の筋子をのせて…『手まり筋子』」はこちら↓
http://www.hokkaidolikers.com/articles/1936
 
 
 
 
食べやすくカットしたサケとイクラをまぜた生珍味、「鮭ルイベ漬」も人気です。鮭のとろけるような食感にイクラの濃厚な甘み。たまりません!
 
 
 
 
乾物派には、サケの半身を使った天然のサケのトバ「ロッキーサーモン」。ビッグサイズですから、好きなだけ食べられますよ♪
 
 
 
 
卵かけご飯と相性抜群というサケの魚醤、「鮭醤油」もありました。こちらは常温で持ち歩きできるので、お土産にもいいですね。
 
 
 
 
入口付近では、前述の鮭や筋子を使った、おにぎりも販売しています。これ、道産子にもファンが多いんですよ!
 
 
 
 
まさにサケ、サケ、サケ尽くしのサーモンファクトリーの魅力、伝わりましたでしょうか? 味見は現地でどうぞ!



■一緒にいきたい!
 
・「ザ・吉岡」でガチな体験プログラムに挑戦!①除雪編
http://www.hokkaidolikers.com/articles/1833
 
・「ザ・吉岡」でガチな体験プログラムに挑戦!②イクラ作り編
http://www.hokkaidolikers.com/articles/1834