2014年01月10日 | チバタカコ

札幌限定カクテルもあります。「アートアクアリウム展~札幌・金魚の灯~」

昨年夏、東京で50万人、名古屋で30万人を超える動員を記録した「アートアクアリウム展」が、ただ今、札幌で開催中。道外で見逃した方も、まだ見ていない方も、これはおすすめ!
 
 
 
 
金魚といえば、縁日の金魚すくい…くらいしかイメージできなかったのですが、アートアクアリウムプロデューサー木村英智さんのつくり出す世界は、妖艶で艶やか、優雅で繊細。けれども和の粋が一本、ピーンと筋が通っている、そんな印象を受けました。
会場は、様々な種類の金魚と、その金魚をより美しく見せるための水槽と照明が、和をモチーフにしたデザインで、テーマごとに展示されています。
 
 
▲Oiran/花魁(巨大金魚鉢)。1,000匹が泳ぐ金魚鉢は圧巻!そして、「花魁」の名にふさわしく妖艶
 
 
▲屏風水槽の前にはベンチがあり、座ってゆっくり鑑賞することもできます
 
 
▲KINGYO/金魚。ヴェネツィア最高峰ガラスアート工房Veniniと木村英智さんのコラボから生まれた、金魚のように見える金魚鉢
 
 
一般的に、このような展示会では写真撮影は禁止ですが、アートアクアリウム展は撮影OK(フラッシュ禁止)。スマホやカメラで、熱心に撮影している人も多く見られました。
 
 
▲水槽のカタチや照明によっては、こんな写真も撮れるかも?
 
 
そして、毎日18時からは「ナイトアクアリウム」として、照明や音楽もぐっと大人っぽくなり、ドリンクコーナーが登場します。サッポロ黒ラベルの他、金魚にちなんだオリジナル金魚カクテルもあり、札幌限定のカクテル「ぎょぎょ!黒出目金」と「海中きんぎょ」が飲めるのは、ここだけ。
 
 
▲ナイトアクアリウムは、デートにおすすめ
 
 
▲左:「海中きんぎょ」(スパークリングワイン×ブルーキュラソー×ラズベリー)、右:「ぎょぎょ!黒出目金」(ラム×巨峰×アイスコーヒー)、各800円
 
 
 
 
▲Bonborium/雪洞。雪洞に見立てた水槽と照明が背景の鏡に映り、万華鏡のよう
 
 
日本の金魚だけではなく、江戸の花街をイメージした海水魚や台湾の魚も展示されています。たかが金魚、されど金魚。金魚の奥深い世界を、ぜひこの機会に見てみてください。
美しく移ろう照明と艶やかな金魚を堪能して、外に出ると、そこは真っ白な雪の世界。このギャップが楽しめるのも、札幌開催ならではですよ。

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌限定カクテルもあります。「アートアクアリウム展~札幌・金魚の灯~」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close