由仁町にあるのに、なぜか「東京ホルモン」

由仁で愛されて半世紀、オリジナル鉄板鍋で焼く味噌ホルモンが大人気です。
 
ほぼ正方形で端がちょっと折曲がったオリジナル鉄板鍋。そこに新鮮なホルモンと野菜(玉ねぎ、もやし)を投入。ホルモン一人前に対し、秘伝の味噌だれをスプーンで3杯程入れて、水分がなくならないように焼く…というか、煮ながら焼くという感じ。
これが、由仁町の東京ホルモンです。

 

 
今で3代目だという東京ホルモン。HPには初代店主が東京出身で、地元の人から「東京さん」と呼ばれ親しまれていたのが所以とあります。取材時に店長の三浦さんに伺ったところ「約60年程歴史があるのは間違いないのですが、古い記録がほとんど残っていないんですよ」とのこと。
 
記録がなくても、味の記憶はしっかりと地元に残り伝わっているようで、由仁町はもちろん、周辺の夕張郡市町村、札幌まで「由仁の東京ホルモン」の名前は知れ渡っています。

 

 

 
ホルモンは空知管内の豚で、胃袋、小腸、大腸、直腸を使用。少しだけ下味をつけていますが、味のポイントは味噌だれ。
 
北海道Likers「店長、このたれは、何をつかっていますか?」
三浦店長「秘伝です!私も知りません」

 

 
サガリも人気メニューで、ぐつぐつ煮だつようになったら焼き上がり。さっそくいただくと…柔らかい!ホルモンは、「噛みきれない」「ちょっと臭いがする」と苦手な人もいますが、全くそんなことはありません。甘辛い味噌だれがホルモンにからみ、白いご飯が欲しくなります。ホルモンの柔らかさと野菜のシャクシャクした食感が口の中で混ざり合うのが、またおいしい!

 

 
ここでホルモンを買って自宅でホットプレートなどで楽しむ人も多いようです。が、オリジナル鉄板鍋で食べるとやはり一味違うようで、鉄板鍋の販売もしています。
 
「オリジナル鉄板鍋も、このカタチにたどり着くまでかなりの思考錯誤があったと聞いています。ステンレスではなく鉄板なので、よくあるチリトリ鍋とは違うんですよ」(店長談)。

 

 
仕上げは、残った具に焼きそばの蒸し麺を入れるのが通の食べ方。

 

 
ホルモン1人前315円というリーズナブルなお値段は、家族連れにはうれしいところ。ぜひ由仁町で、この鍋で食べてもらいたいのですが、遠方の方は通販も利用できます。
北海道だけど東京ホルモン。いかがです?