北海道の冬の味覚「たち」。たちぽん、天ぷら、握り、お好みはどれ?

冬の北海道は、おいしい魚介類の宝庫。中でもこの時期ならではの味覚としておすすめしたいのが、マダラの白子。道外では、「きく」「くもわた」と呼ぶ地域もありますが、北海道では「たち」と呼び、マダラの白子を「真だち」、スケソウダラの白子を「すけだち」と区別します。
 
 
 
 
12月~3月頃が旬ですが、1~2月頃が一番おいしいとか。
では、道外の皆さんへ、この時期来道したら、ぜひ食べて欲しいたち料理を紹介しましょう!
 
まずは、新鮮なたちだからこその一品「たちぽん」。生のたちを湯引きなど下処理して、食べやすい大きさに切り分けます。そこに、ポン酢をかけ、もみじおろしなどを添えていただきます。
 
 
 
 
噛むと、たちのぷりぷりっとした食感が伝わり、そして口いっぱいに広がるクリーミーで濃厚な味。このなめらかさは、なんとも言えません!
 
次は、たちの天ぷら。
フレッシュなたちに火を通すことで、味がぐっと凝縮され、よりコクと深みのある味わいに。そして、生よりも、さらにトロリととろける舌触りは、思わず身もだえするくらいのおいしさです。
 
 
 
 
たちは、寿司ネタにもなります。
 
 
 
 
たち自体もほんのりと磯の香りがするのですが、海苔が加わることで、一層際立ちます。寿司は、周りを気にしないで大きな口をあけて、一口でパクリ!とやっちゃってください。
 
 
 
 
今回料理をつくってくれたのは、「活菜旬魚 さんかい すすきのディノス店」料理長の永杉佳也さん。


 
 
活菜旬魚さんかいすすきのディノス店では、今時期この3種類のメニューは常時食べることができます。永杉さんによると「たちは、やはりこれらの料理が人気ですね。札幌に来たら、ぜひ食べに来てください」とのこと。
 
冬の北海道には、おいしいものがたくさんありますが、居酒屋などでたちのメニューを見つけたら、ぜひ旬の味を楽しんでみてください。これ、本当におすすめですから!


 
撮影協力:活菜旬魚 さんかい すすきのディノス店