北海道の新鮮な魚介類が食べたい!「活菜旬魚 さんかい すすきのディノス店」

スキーシーズン突入、盛りだくさんの冬のイベント、年末年始の帰省など、この時期は、道内外から札幌にたくさんの人が集まってきます。そこで、ファミリーでもグループでも、みんなでワイワイ、北海道らしい魚介類やお寿司が味わえるお店を紹介します。
 
 
 
 
札幌のススキノにある「活菜旬魚 さんかい すすきのディノス店」(以下、さんかい)。ゲームセンターや映画館が入っているビルなので、初めての人でもわかりやすいと思います。
 
 
 
 
さんかいの前身は、豊平区月寒にあった鮨の山海。なので、新鮮な魚介類と寿司には「寿司屋としてプライドがあります!」ときっぱり言い切るくらい自信があります。道内産を中心とした旬の鮮魚が、刺身、焼き物など、多彩に揃っています。
 
 
 
 
また、人数が集まると、「魚がいい」「肉がいい」「他の物が食べたい」と、意見が分かれることが多いですが、さんかいでは、串焼き、ピザ、鉄板ナポリタンなど、魚介類以外にもメニューが豊富なので、どこへ行くか迷ったら、さんかいを選んで間違いなし!です。
 
 
 
 
そして、これからの季節おススメなのが、鍋!鍋の宴会コースもあるので、ぜひ、チェックしてみてください。
 
 
 
 
おいしい魚介類を堪能したら、締めはやっぱりスイーツでしょ!さんかいイチオシは、「つぼプリン」。なめらかな口当たりは、クセになりそう!
 
 
 
 
ビジネス出張で一人ならカウンター席、少人数なら個室テーブル席、大人数なら掘りごたつ個室など、フレキシブルに対応可能です。来札の折には、ぜひ、立ち寄ってみてください。