函館の巨大クリスマスツリーを見ながら、シーフード料理をいただきます!

あったかいシーフード料理が味わえる「海のダイニング shirokuma」。海の上に立ち、窓やデッキからはこだてクリスマスファンタジーの、大きなクリスマスツリーを望みます!
 
 
 
 
末広町電停から海方面に向かって徒歩1分。
 
 
 
 
白と青のマリンな外観のこちらが、「海のダイニング shirokuma」です。
 
 
 
 
窓をよく見ると…し、しろくま!? 本物の剥製だそうです。
 
 
 
 
「夏は夏でデッキでの食事が楽しめるので、たくさんの方に来店いただいてますが、いまの季節もまた賑わっているんですよ」と語ってくれたのは、シェフの吉野 洋一さん。
 
理由は、窓からのこの景色。
 
 
 
 
そう、対岸で輝く、巨大ツリーが見られるのです!
 
 
 
 
料理のコンセプトは、函館産(または北海道産)のシーフードを使った洋食。ハンバーグやカツレツ、ビーフシチューといった肉料理もありますが、「ツブ貝のブルギニオン」「ムール貝とアサリの白ワイン蒸し」「ズワイ蟹と蟹味噌の豆乳グラタン」など魚介系が中心です。
 
また、パスタもあり人気はペスカトーレです。
 
 
 
 
皿の上にはイカ、エビ、アサリ、ムール貝…と見ての通りの具沢山!やさしい酸味の自家製トマトソースがベースですが、エビの頭でスープを取って作るというシェフ渾身のアメリケーヌソースが隠し味に入っており、コクがあるんですよ。
 
ほか、この季節のおすすめは、前述のアメリケーヌソースを使った、近海産魚介のブイヤベース。
 
パスタは、Rサイズ(1人前)とLサイズ(1.5人前)があるので、ふたりなら、パスタLサイズにブイヤベース1人前を頼むと両方が食べられるのでおすすめです。
12月の週末、窓際の席は予約が得策です。函館に行く予定があるひとは、早めにお電話を!