北海道と言えばラーメンでしょ!「プリン・あ、ラーメン?!」

「プリンみたいなラーメン」と「ラーメンみたいなプリン」。皆さんは、どっちを食べてみたいですか?
 
 
 
 
これ、どこから見てもラーメン。よく見かけるラーメン丼、ちょっと濃い目の醤油スープ?ゆで卵、ナルト、シナチク、ノリ、チャーシュー、ネギ。しかし、その実態は…。
 
プリン!プリンなんです、これ!
正式名称「プリン・あ、ラーメン?!」、通称ラーメンプリン。
 
 
 
 
このプリンをつくっているのは、日高町の「パティスリー・パサパ」。誕生したのは2006年、東京で開催されるプリン博覧会に出てみませんか?と声をかけられたのがきっかけでした。
 
「せっかく出るのだから、地元の道産素材にこだわって…と思ったのですが、日高地方に素材が見当たらなかった。だったら、素材じゃなくてカタチを北海道らしくしようと思い、北海道ならラーメンでしょ!と、思い付きました」と話してくれたのは、オーナーシェフの水野薫さん。
 
 
 
 
基本形はモンブランで、「モンブラーメン」という名前だったそう。そこから、試行錯誤を繰り返し、今のラーメンプリンに。
 
 
 
 
 
 
ホロシリ牛乳と道産生クリームを使ったプリンがベースで、その上に麺に見立てた生クリームを載せます。スープに見えるカラメルはゼリー。卵は牛乳のムース。チャーシューはチョコムース、シナチクは生キャラメル、ナルトとネギはホワイトチョコを着色したもの。
 
 
 
 
このカタチに仕上げるまで、3回冷凍させる工程があり、かなり手間暇がかかっています。見た目のインパクトだけではなく、味も抜群!これだけ具材があるので、甘すぎないかなぁ…と思いましたが、想像を裏切るあっさり感。クリーミーな口当たりで、小さいサイズなら、ペロリと食べられます。が、大きいサイズは、さすがに一人では食べ過ぎてしまうので、4人くらいで分けて食べるとちょうどいいです。
 
 
 
 
ラーメンプリンは冷凍されているので、通販購入も可能。クリスマスや誕生日など、サプライズプレゼントに喜ばれそうなラーメンプリン、おひとつ、いかが?