2013年12月05日 | 北海道Likersライター タカマツショウ(小樽商科大学)

冬の始まりと雪を楽しむ小樽の風景

小樽vs函館の港街対決の第6弾、今回の小樽チームは小樽の素敵な風景を紹介します!
 
まずは、小樽商科大学の近くから見ることのできる小樽の街、海、山を一度に楽しめる景色です!
海のある坂の町小樽だからこそ楽しめるこの景色!撮影日には雪が少し降ったあとだったのですが、秋には紅葉を楽しめ、冬には雪化粧をした山を楽しめる絶景スポットです。
 
 
小樽の街並み
▲小樽の街並み、海と山の雄大な景色が広がっています!
 
 
そして小樽商科大学の坂を下っていくとカトリック富岡教会があります!歴史的建造物にも指定されています。おしゃれな外観が異国情緒を感じました。
 
 
小樽 カトリック富岡教会
 
 
小樽 カトリック富岡教会
▲中世ヨーロッパを思わせる建物と紅葉、冬には雪をかぶった姿も楽しめます
 
 
そのまま海に向かって坂を下ると、小樽の街を横断する手宮線跡地が見えてきます。撮影前日に降った雪と少し残っていた紅葉が不思議な感じを出してとてもきれいでした!冬と秋の変わり目を象徴しているような景色ですね。
 
 
小樽 手宮線跡地
 
 
小樽 手宮線跡地
 
 
小樽 手宮線跡地
▲ここも季節の変わり目ということで紅葉と雪景色を同時に楽しめました!小樽の坂道を一つの写真におさめると、まさに小樽!といった感じが出て素敵でした!
 
 
手宮線から少し海に向かって進んでいくと、「小樽といえば」と言っても過言ではない小樽運河が見えてきます。
運河といえば夜景の写真が使われていることも多いですが、昼間の景色も爽やかな景色とまわりの建物との雰囲気が素敵です。
 
 
小樽運河
 
 
小樽運河
 
 
小樽運河
▲昼と夜とで違った印象の景色が広がっています。昼間には夜に目立たないものも楽しめて、また違った楽しみがあります
 
 
小樽から少し足をのばして朝里ダムの近くではまだ紅葉が残り、朝里川との景色を楽しめました!周りに落ち葉のじゅうたんの間を流れていく朝里川、とても風情があり、一見の価値ありでした。
 
 
小樽 朝里川
 
 
小樽 朝里川
 
 
小樽 朝里川
 
 
小樽 朝里川
▲緑豊かな山間の景色と紅葉の絨毯の流れる川が風情のある景色が楽しめます!バスに乗ってから少し足を伸ばさなければならないですが、雪が積もってからもまた違った表情を見ることができると思います
 
 
だんだんと本格的に寒くなってきていますが、北海道の雪景色を楽しむために外に出てその季節ならではの景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 冬の始まりと雪を楽しむ小樽の風景
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close