もうすぐクリスマス♪広尾サンタランド発、サンタメールを贈ろう!

北海道に“サンタのまち”があることを知っていますか?サンタメールは、そのまちのサンタクロースから届けられる夢がいっぱいつまったクリスマスカード。大切な人へいかがですか?
 
帯広市から車で約1時間30分。十勝の南端に、海と山に囲まれた自然豊かな“サンタのまち”、広尾町があります。
広尾町は1984年に、サンタクロースの故郷ノルウェーのオスロ市から国外で初めて「サンタランド」の認定を受けました。以来、「広尾サンタランド」として、愛と平和のメッセージを発信しています。
 
ノルウェー・サンタランドにならい、サンタの心を子供たちに伝えようとスタートしたのが「ひろおサンタメール」。
 
 
 
 
カードには、広尾サンタランドのサンタからのメッセージが書かれています。イラストは、イラストレーター・絵本作家の永田萠さんが毎年描き下ろしているもの。今年のデザインは届いてからのお楽しみです♪
ひろおサンタメールは1通500円(送料込み)。2013年の申込み締切りは12月10日(消印有効/国内発送分)。下記ホームページから申込みができますよ。
 
 
 
 
さて、“サンタのまち”へちょっとご案内しましょう。
広尾サンタランドのシンボルゾーンは、小高い山に広がる大丸山森林公園。「サンタの鐘」や「サンタのお部屋」、クリスマスの展示やグッズが揃う「サンタの家」などが点在しています。
 
毎年10月下旬から12月31日の期間は、「広尾サンタランドイルミネーション」が行われます。街明かりの届かない真っ暗な山の中で、LED約15万個のイルミネーションが輝く光景はとても幻想的です。
十勝を訪れる機会があったら、広尾町まで足を延ばしてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
そんな広尾サンタランドから、札幌市にある「サッポロファクトリー」へ毎年クリスマスツリーの原木が贈られています。高さ約15メートルのトドマツが、きれいにデコレーションされた姿は圧巻!
イルミネーションの点灯は、12月25日までの毎日16時から22時。1時間ごとに約5分間、音楽と光のショータイムが繰り広げられ、壁面には雪の結晶が映し出されます。近く札幌を訪れたときはこちらへもぜひ!