ずっしり重くて、餡がぎっしり!「月寒あんぱん」

創業明治39年、100年以上も愛され続けてきた、北海道のあんぱんをご紹介します。
 
「あんぱん」というと、ふわっとしたパン生地に餡が入ったものを思い浮かべますが、ほんまのあんぱんは、ちょっと違います。この「月寒あんぱん」を語るには、まずは当時の歴史背景を…。
 
明治の頃の月寒には、道内最大の軍隊、陸軍歩兵第25連隊が置かれていました。

 

 

 
このあんぱん、見た目はまるで月餅のようですよね。
このカタチは、明治7年に東京銀座で大ヒットした「桜あんぱん」の噂を伝え聞いた、当時月寒の連隊内で菓子を販売していた人が、あれやこれや想像しながら、月餅のようなまんじゅうを作り上げたそうです。その製法を、「ほんま」初代・本間与三郎氏が教わり、今のカタチになったそうです。

 

 
本間与三郎氏のあんぱんは、レンガの「トンネル窯」に炭を入れ、その上に鉄板をのせて下火と横火で焼き上げ、じっくりと煉ったこしあんがずっしり入った大ぶりのお菓子。甘いものが貴重だった時代、兵隊さんたちにたちまち大人気!
 
明治44年、第25連隊と住民が協力して月寒から平岸に抜ける道路をつくる時、豊平町が軍に感謝を込めて毎日ひとりに5個のあんぱんを提供したそうです。あんぱんを頬ばりながらつくられた道路は愛称を込めて「アンパン道路」と呼ばれ、昭和62年には記念碑も建てられました。
 
当時、連隊正門前の通りには7店ものあんぱん屋が軒を並べていましたが、戦中戦後の混乱の中で次々と姿を消し、昭和22年、「月寒あんぱん」の製造を再開したのは「ほんま」ただ一軒だけだったそうです。

 

 
 

餡は、厳選した北海道十勝産の小豆にこだわり、自社工場で丁寧に練り上げます。その餡を包む生地は、明治以来続く伝統の配合で、職人が代々受け継いできたレシピと経験をもとに変わらぬ伝統を作り続けています。
 
表面には、一つひとつ手作業で卵を塗り、通称「トンネル窯」と呼ばれる長い窯でじっくり焼き上げます。

 

 
こうしてできた「月寒あんぱん」は、餡がぎっしりと詰まっていて、持つとズシリとした重量感があります。
 
札幌っ子なら、一度は食べたことがある懐かしい味。最近はスティックタイプなどバリエーションも増え、もっと気軽に食べられるようになりました。

 

 
今日のおやつに「月寒あんぱん」は、いかがですか?