カモメの鳴き声がBGM「ウトロ漁協婦人部食堂」/斜里町ウトロ

秋は北海道の魚が1年で最もおいしくなる季節。ウトロ港にある食堂「ウトロ漁協婦人部食堂」で、オホーツクの秋の味覚を楽しんできました。




店を営んでいるのは、ウトロ漁協婦人部の女性たち。漁協組合の建物の一角を店舗にして、もう40年以上経つそうです。



焼き魚定食と鮭親子丼を注文しました


焼き魚定食はほっけと鮭の2種があり、鮭はカラフトマスだったりトキシラズだったり、季節で変わります。 この日(9月上旬)の鮭は、シーズンには少し早い けど、カラフトマスの定置網に引っかかってくるという秋鮭でした。ホロホロとやわらかく、お母さんが味付けたという塩加減が、鮭の甘みを引き立てていました。








そして鮭親子丼はここの名物。お母さんが塩焼きしてほぐした鮭の身とイクラかますこが載った、オホーツクならではの親子丼です。この日は既に出回っているという今年のますこ。やわらかでジューシーでおいしかったです!そろそろイクラも始まっているころでしょう。