雲の上の特等席から富良野を一望できるプレミアムツアー♪

ツアーのタイトルは「五感で楽しむ プレミアムリゾート富良野」。この旅のハイライトは、なんといっても、2日目早朝の北の峰山頂からみる富良野の絶景です!
 
 
 
 
冬には富良野スキー場となる標高940メートルの北の峰。山頂に向かうゴンドラは通常冬期のみの運行なのですが、なんとこのツアーのためだけに、今回特別に運行してくれるんですよ。スペシャル感、ありあり。
 
 
 
 
景観を満喫しながら、ホテル特製の軽食BOXとホットコーヒーで朝ごはん。
 
 
 
 
参加した皆さんも、のんびり寛いで、満足そうなご様子です!
 
 
 
 
さてこのツアー、北の峰山頂の特等席での朝食の他にも、いろいろなメニューが満載です。例えば、3日目の午前中は、倉本聰さんが塾長を務める富良野自然塾で、環境教育プログラムに参加します。
 
 
 
 
これって何をしていると思います?
 
「裸足の道」という環境教育プログラムの体験の一つなのですが、目隠しをして様々な素材の上を裸足で歩くのです。見えない分、足の裏を始め、聴覚や嗅覚が敏感になって、森の中のいろいろな事が感じられるようになってきます。普段はなかなかできない体験ですよ!
 
富良野ならではの味がいろいろと楽しめるのも、このツアーの大きな魅力です。1日目の夕食は、郷土料理のお店「くまげら」で名物の山ぞく鍋(鹿、鴨、鶏肉が味わえます!)やチーズ豆腐に舌鼓。
 
 
 
 
倉本聰さんのエッセイ「北の人名録」にヨーデル森本として登場する、くまげら店主の森本毅さん(写真右)が語ってくれる「北の国から」の裏話が、面白いのなんの。
 
2日目の昼食は、北海道らしく生ラム肉のジンギスカン!
 
 
 
 
富良野市の南にある占冠(しむかっぷ)村の羊牧場で育てられたラム肉は、予約しなければ食べられない逸品。クセが全くなく、柔らかくって美味しいです!
 
そして2日目の夕食は、富良野で人気のレストラン「ビストロ ルシュマン」で、地元の野菜をたっぷり使ったフレンチのディナーを味わいます。
 
 
 
 
 
 
いかがでしょうか?
これに参加すれば、ちょっとした富良野通として、知り合いに自慢できること、間違いなしです。
 
8月のツアーは終了、9月のツアーは人気のため、すでに定員に。10月5日発のツアーなら、まだ大丈夫だそうです。
 
しかも耳寄りなニュース!10月5日発のツアーの場合、4組8名様限定のモニター価格として、お1人様価格が20,000円に!申し込み先など詳細は、下記ホームページをご参照ください。
 
未体験の富良野が待ってますよ〜。
 
 
 
■五感で楽しむ プレミアムリゾート富良野 モニタープラン
  (企画・実施 株式会社JTBコーポレートセールス)
 
http://www.bfh.jp/furano201307/index.html