2013年09月02日 | チバタカコ

北海道のおいしいトマトジュース、完成まで追っかけます!「北のほたる」(2)

今年6月に紹介した沼田町のトマトジュース「北のほたる」。
取材時は春だというのに雪がたんまり残り、気温も上がらず、「こんな天気で今年は大丈夫か?」と心配でした。
が、沼田町農産加工場工場長 嶋田英樹さんによると「トマトは、この夏の好天により順調に生育しており、今日あたり(8月初旬)から真っ赤に実ったトマトが入荷していますよ」とのこと。
 
 
▲沼田町農産加工場工場長 嶋田英樹さん(撮影:諏訪写真事務所)
 
 
沼田町のトマトは、4月上旬に種をまき、5月下旬~6月上旬までハウスで育てます。そこから、畑に移して定植します。支柱(棒)を立ててトマトを栽培しているのを見かけたことがあると思いますが、沼田町のトマトは露地育ち。
 
 
▲これくらいに育つまでは、ハウスで
 
 
▲6月上旬、ハウスから畑にお引越し。温室育ちから、たくましい露地育ちへ
 
 
▲7月上旬。一株の苗に、こんなにトマトが!
 
 
北海道の大地と太陽の恵みをいっぱいにうけて、どんどん、どんどん、赤くなっています。
 
 
▲7月下旬、初出荷!
 
 
トマトの色を見てください。
市販のトマトと比べて、色が断然濃いのがわかりますか?これが、食用ではなく、トマトジュース専用品種の特徴。抗酸化作用があると言われているリコピン(トマトの赤い色素)の含有量が多いということだそうです。
 
「雨が少ない年は、果肉たっぷりで、糖度の高いトマトが生産されます。トマトにとってはこの上ない天候です。でき上がりに期待してください!」と嶋田さん。
 
収穫したトマトは、翌日には即ジュースになるそうです。本格的な製造は、8月中旬くらいから。全国的な出荷は8月末から。
 
完成したトマトジュースは、また改めて紹介しますね。

 

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 北海道のおいしいトマトジュース、完成まで追っかけます!「北のほたる」(2)
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close