2013年08月30日 | 孫田 二規子

利尻町沓形の町を歩いてみました(3)

海藻押し葉体験を終え、ひと息つこうと、沓形エリアで1軒だけという喫茶店「ヴィガ」へ。
 
 
▲お花がきれい!沓形にはほかにも、玄関まわりにたくさんの花を飾っている家が結構見られました
 
 
とても暑い日だったので、パフェを注文しました。
 
 
▲そうそう、こういうのが食べたかったの!とうれしい気持ちにさせてくれた、ノスタルジックな香り漂うフルーツパフェ(600円)。とても、おいしかったです
 
 
食べた後は、散策を再開。
 
 
▲それにしても、のどか。仕事を忘れてしまいそうです
 
 
よく見ると、街灯がかわいいではないですか。リシリヒナゲシという花をイメージしてつくられたそうです。
 
 
 
 
お、青いものも! こちらは、リシリリンドウです。
 
 
▲リシリヒナゲシとは花びらの形も異なり、凝ってるな~と思いました
 
 
リンドウとヒナゲシが一度に見える場所を見つけました。
 
 
▲なんとなくうれしかったので、撮影
 
 
もうひとつ、利尻島にしかないであろうものを発見!
 
 
▲利尻島や利尻昆布がデザインされた、マンホールのフタです! 
 
 
そのまま岬の方へ足を伸ばしました。
 
 
▲車道に設置されたしましまの矢印は、雪が積もって道路が見えなくなったときに、路肩の場所を知らせるものです
 
 
▲空が広くて気持ちいい!
 
 
喫茶店から15分ほどで、沓形岬に到着。
 
 
▲フェリーターミナルが見えます
 
 
▲海の向こうには、礼文島 
 
 
当然、利尻山も。
 
 
 
 
3回に渡る町歩き企画はこれで終了。楽しんでもらえましたでしょうか。
ゆったりとした時間の流れの中に身を置いた数時間。夏休みに田舎のおばあちゃんの家に遊びにいったような、どこか懐かしい気持ちにもなりました。
みなさんも利尻島に行ったときには、ぜひ、ぶらりと町を歩いてみてください!
 
 

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 利尻町沓形の町を歩いてみました(3)
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close