田園の中のレストラン「ハーヴェストロードハウス」

ジビエについて、ちょっとだけうんちく♪

ジビエ(仏: gibier)とは、狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣の事で、主にフランス料理での用語。英語ではゲームミートとも呼ばれるそうです。西洋の方にとっては馴染みがあるやと思うんですが、農耕民族を祖先に持つ私には全く馴染みがないんですが(笑)まして京都出身やし(^^;)
 
 

 
北海道にはたくさんのハンターがいらっしゃいますが、素材をよく知るシェフ自らがハンティングし処理をする。そして料理として提供する。こんなスタイルのお店は北海道どころか日本でもあまり類を見ないんちゃうかと思います。話とびますが、店内メチャクチャお洒落です!!

 

 
野生動物を処理すんのには処理施設と精肉の販売許可のそれぞれが必要で、上川管内でも数十件ほどしか無くその内の1件がこちらになります。首都圏や関西方面を中心に30年の販売実績があるとの事です。
 
秋口からは近郊の山で採れた天然しめじ等のきのこ類と共にフレッシュな蝦夷鹿肉や鴨、羆料理が堪能できます。

 
 

 
この北海道で人間の手を加えた物を餌にしてへん、自然の恵みの中で育った野生動物を食すことは神々の畏敬の念を感じずにはいられません。

 
 
本州からのゲストも多い婚礼には、蝦夷鹿肉は外せないメニューになってて大人気らしいです。今回は取材ではなく偶然友人の結婚式で伺ってこんな素敵なレストランを発見できたんやけど、これももしかしたら神様の思し召しやったんやろか(^^)オチはさておき、ほんまに素敵なレストランなんで皆さんも機会があれば是非行ってみてください♪