フロンティアスピリッツの原点がここ!「道庁赤レンガ」

北海道が誇る、いちおしスポット!北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)をご紹介します。
 
北海道庁旧本庁舎、通称「赤レンガ」は国指定重要文化財。1888(明治21)年にアメリカ風のネオ・バロック様式で建てられました。内部は、北海道立文書館、北海道の歴史ギャラリーなどがあり、自由に見学することができます。

 

 
外観だけを見て満足する方をよく見かけますが、ジモティとしては実は内部がおススメ!階段、手すり、ドアなどのしつらえに、開拓使時代の浪漫を感じ、道産子の開拓使DNAがザワザワするんです。

 

 
四季折々の移ろいが美しい道庁の前庭は、市民の憩いの場にもなっています。様々なイベントなども行われているので、札幌に来たなら、ぜひ赤レンガへ足を運んでみてください。