190万人都市を見下ろす「札幌空中散歩」

北海道観光の拠点となる札幌には、道庁、時計台など観光スポットがたくさんありますが、ちょっと目線を変えると、見たことのない札幌が見えてきます。今回は、目線をぐーんと高くした札幌めぐりをご紹介。

 

「大倉山ジャンプ競技場」でジャンプ競技選手気分を満喫!

言わずと知れた、スキージャンプの競技場。リフトで展望ラウンジまで登ることができます。さらに、屋上展望台へ上がればジャンプ競技選手の視点で雄大な景色を眺めることができます

 

 

 
標高300mの展望ラウンジから真正面に伸びる大通公園を見ると、「札幌は碁盤の目」がはっきりわかるはず。札幌ドームや北海道大学も見られ、石狩平野や石狩湾、はるか遠くの山々までもが一望できます。

 

 

札幌都心をぐるり360°JRタワー展望室T38

札幌駅直結、地上160mから札幌都心をぐる~っと見渡せるのがJRタワー展望室T38(タワー・スリーエイト)。



 

 

 
北側の北大方面を望む眺望は、また一味違う札幌を感じることができます。
日中はもちろんですが、夕日が沈む頃もおススメ。また、真下を走るJRの線路がジオラマのよう見えるので、鉄男&鉄子にもたまらないスポットなんです!

 

 

 

「札幌ドーム展望台」

道内プロ球団の野球やサッカーのホームでもある札幌ドーム。ここには国内初のドーム展望台があります。

 

 
53mの高さからは、アリーナの全景を見下ろすとともに、札幌市街や手稲山、夕張岳までひろがる大パノラマが楽しめます。先に紹介した大倉山やJRタワーとは、逆の方向から札幌を見るので、いわば裏札幌。この眺めはかなりレア!