大切に永く使える「コサイン」の家具づくり

北海道の旭川は、家具の街として有名です。その街に、毎日毎日できてしまう端材がもったいなくて、何とかして生かしたい!と考えて家具づくりを始めた会社があります。
「コサイン」の家具は、使いこむほど味わいが増し、愛着がわく無垢材で製作しています。木を愛する北のクラフトマンたちが、気持ちの良い生活の道具を、また制作過程で出てくる端材も生かすことを考え、丁寧に大切につくる、やさしさにあふれた家具たちです。

 



コサインでは、「エコサイン」シリーズとして、家具をつくる過程で出る端材や短材を使って製品をつくるプロジェクトを展開しています。その一つがこの「パズール」。子供のおもちゃとしてはもちろん、インテリアにもなりそう。

 



この「ピクチャーフレーム」や「カッティングボード」も短材の有効活用。「カッティングボード」の縞模様の溝は、パンくずが落ちるしくみです

 

 



木を最後の一かけらまで大切に扱う北のクラフトマンたちの心意気は、触れると温かいぬくもりとなって伝わってくるはず。全国各地でコサインの商品を取り扱っている店も多々あります。気になる人はコサインのサイトの「取扱店一覧」をチェックしてみてね。