「摩周湖」弟子屈町:北海道遺産シリーズ(2)

北海道には、独特の深い青色の湖面で人々を魅了し、時には霧に包まれる神秘的な湖があります。
阿寒国立公園の原始の自然に囲まれた「神秘の湖」摩周湖です。
 
“摩周ブルー”と呼ばれる独特の深い青色、時には美しい乳白色の霧の風景で“霧の摩周湖”としても知られています。
摩周湖は流入・排出河川がなく、湖面からのわずかな湧水を除きほとんどが雨水と雪解け水であり、生活排水やプランクトンなどの侵入による汚染がないため、その透明度は世界有数。
 
 

 
また、周辺の景観は、北海道の湖沼と山岳の複合景観として最も代表的なもので、この美しい環境を保全するために弟子屈町では平成13年に環境マスタープランが提案され、具体的かつ積極的な環境保全への取り組みが行われています。
この美しい景観が地域の宝として守られていくことを願いたいですね。


 

北海道遺産

・Webサイト http://www.hokkaidoisan.org/
・Facebook http://www.facebook.com/hokkaidoisan